◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] こころがくもった日には、「こうだといいな」をイメージする|「未来の自分」に手紙を書いてみるのがいい

2014年07月25日(金曜日)

こころがくもった日には、「こうだといいな」をイメージする

未来の自分に手紙を書く。
それは、今の混沌とした自分を客観的に見る作業につながる。
今は悩みや将来への不安があって長いトンネルの中にいるけれど、トンネルを抜け出した自分はきっと、こんなふうに生きている。
「未来の自分像」を具体化することで「思いが整理」されてくるはずだ。

ちょっと迷いが生じてきたときは、「未来の自分」に手紙を書く時間をとってみよう。
こころにフワーッと自信がわいてくるはずだ。

読むだけで心がスーッと軽くなる44の方法
(諸富 祥彦 著/三笠書房) より

昨年7月28日に行った習慣デザインワークショップ【3ヵ月後の新しい自分にわくわくしよう!】では、参加者のみなさんに「未来の自分」宛に手紙を書いてもらいました。
「コブタ」のオリジナル切手が出来ました!

私自身も時々「未来の自分」宛に手紙を書いています。
ちょっとした悩みごとを少し先の自分に相談したり、「こうなってるといいな」という期待をこめて自分を励ます内容だったりを書きます。

書いた手紙はしまっておきますが、そのままでは書いたことを忘れてしまいますから、開封予定日にスケジュールを組み込んでおきます。

「未来の自分」宛の手紙の書き方で1つ注意点があります。

大切なのは「来年までに〜しなければ」と明確な目標を立てすぎて、自分をガチガチに縛りすぎないようにすることである。
肩に力を入れすぎずに「こうだといいな」とリラックスしてイメージすること。
すると、不思議と今を生きるエネルギーと勇気がわいてくる。

同書より

心を軽くして元気になるために書く手紙です。
だから自分にプレッシャーを与えすぎては逆効果ですよ。

早速、1ヶ月先、半年先、1年先の自分宛に手紙を書いてみませんか?

*関連するページ:
 ・未来の自分宛に手紙を書いてみよう
 ・自分には絶対できない、自分には無理と思えること。今のあなたがやるには難しいことかもしれないけど、未来のあなたには、なんてことない
 ・話し言葉は記憶の中でいつしかかすんでしまう。だが、心を文字に置き換えた時、それは永遠の輝きをそこにとどめる

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
メガネをかけたまま顔を洗いそうになって、危ういところで気づきました。少々疲れているようです。^_^;;
今日も10月のハーフマラソンにむけてリハビリトレーニングしました。頭の中では「これぐらい楽勝」というレベルなのに、足のほうはついてきてくれません。それでも自分で決めたメニューはクリアできたのでOKです。
足がけっこう痛くなっているので、ブログを書き終わったらお風呂でしっかりマッサージします。メンテナンスは大事ですよね〜。

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート