◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 心屋 仁之助:言えると 癒える|心の奥になる「出して!」と叫んでいる、言えなかった言葉を言えたとき、はじめて癒えるのです

2014年10月12日(日曜日)

ちゃんと言わないから、自分の中に「想い」「感情」が溜まってくる。
溜まって、腐って、臭いを放って、熱を持つ。
そして、最後に噴火する。

心の奥になる「出して!」と叫んでいる、言えなかった言葉、飲み込んだ言葉を言えたとき、はじめて癒えるのです。

心屋仁之助の「奇跡の言葉」
(心屋 仁之助 著/経済界) より

心屋仁之助の「奇跡の言葉」我慢強い人、感情を抑え込む人は、怖いです。
いつ爆発するか、わからないから。

本人は我慢することがいいことだと思っている。
でも、それは自分の本当の気持ちを表現するのが下手なだけです。
我慢せずに、ちゃんと言えばいいんです。

ちゃんと言うとはどういうこと、心屋さんがわかりやすく説明してくれています。

「あなたのせいで!」
「何でしてくれないの!」
これは「想い」「感情」を出していないのです。

「こうするべきでしょ!」
「間違ってる!」
というのも「本音」を隠しているときです。

同書より

怒りをぶつけるのではなく、「○○してほしい」「○○してほしくない」と本音を隠さず言えばいいということです。

不満を溜め込んで身近な人に怒りをぶつけていませんか?
家事を手伝って欲しい、育児を手伝って欲しいなど、素直に言ってみると意外とあっさり「いいよ〜」と返ってくるかもしれませんよ。

*関連するページ:
 ・部屋を見れば、住んでいる人の悩みや問題がわかる。心の中が不平不満、怒りなどのマイナス感情で占められた人の部屋は、モノが多く、乱雑で汚れている
 ・「傷ついた」ではなく、「気づいた」。大切なことは、「傷つく」ことではなく、「気づく」ことです。
 ・寺山修司:不満屋ってのは世の中との折合(おりあ)いが悪いんじゃなくて自分との折合いが悪い奴のこと

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日はあちこちでマラソンレースがありました。台風の影響がなくて良かったです。
来週の日曜は待ちに待ったフルーツマラソンの日。まさか三週連続で台風が来ることはないでしょう。完走したらブドウが食べれるはず〜♪ ワインも飲めるらしい。フフッ、楽しみ、楽しみ。
今日はレース前の調整ランという意味で、レース前半にスピードを出しすぎないようにする練習をしました。
もう一週間前なのでいまからジタバタしても始まらない。うっかり捻挫したりしないよう、おとなしく過ごします。

★ 自分磨きテーマ: 感情のコントロール
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート