◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 太田 光:「将来が不安」とか「未来が見えない」とかいう若い人には、まず『赤毛のアン』を読むことを薦めます。

2014年11月02日(日曜日)

「将来が不安」とか「未来が見えない」とかいう若い人には、まず『赤毛のアン』を読むことを薦めます。

この本の何がいいって、「想像力って、とんでもなくすげぇ!」っていうことに気づかせてくれるところ。

『赤毛のアン』を読めば、自分をとりまく状況がどうであっても想像力さえ持ち続ければ、いつか状況は打破できるって信じられるようになるかもしれない。

太田 光 『25歳の補習授業』 (小学館) より

今週も読書週間ですよ。

今日は芸能界随一の読書家である太田光さんの言葉をご紹介しました。
太田さんは年に100冊は読むそうです。

いまでも、どんなに忙しくても、スキあらば本を読んでいるし、いつもその世界に逃げ込んでます。

同書より

「本を読みたいんだけど、読む時間がない」と言う人がいます。

うーん、私に言わせると、その人は本を読みたくないんです。
本当に読みたければ、ご飯を食べる時間を削ってでも、お風呂に入るのを省略してでも、本を読みます。

また、読書家の人はほんのわずかな時間でも本を読めるように工夫をしているようです。
私は iPhone の Kindle アプリでいつでもどこでも、1分未満の時間ででも空き時間があれば本を読みます。仕事中は読みかけの本を机の右側に置いておいて、パソコンのアプリケーション起動時間などのスキマ時間にその本を読んだりもしています。

忙しいから本が読めないということはありませんよ。

最後に、太田さんお薦めの『赤毛のアン』をご紹介しておきますね。せっかくなので村岡花子さんが翻訳されたものを。

赤毛のアン(全11巻〔冊数12〕セット) (新潮文庫)

*関連するページ:
長谷部 誠:「読書ノート」で、心の点検。僕の日課のひとつだ。
読書は『精神の食物』 ─ 精神の食物が欲しくなくなったとしたら、精神的には瀕死の病人
どんなに経済的に苦しいときも、本だけには惜しみなく金を遣った by 安藤忠雄

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
秋になると炊き込みご飯をよく作ります。今年も何回か作ったわけですが、毎回失敗してしまうのが食べ過ぎ!
去年の11月の日記を読み返しても、やっぱり炊き込みご飯を食べ過ぎたという記述があります。
ただでさえ「食欲の秋」なのに、味付きで具も入って美味しくなっているからご飯を普段の倍か、それ以上食べてしまうんです。(>_<);;
ご飯を食べ過ぎると即効で体脂肪率がアップします。明日はしっかり走って体脂肪を燃焼しなくちゃ!

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年11月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート