◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 短時間でできることを捨て、長時間かかることを捨てない。

2015年01月31日(土曜日)

成長できない人は、短時間で結果が出るモノを選びます。
究極、1週間で痩せるという方向へ進みます。
こういう人はダイエットはできません。

短時間でできることを捨て、長時間かかることを捨てない。
自分が死ぬまで見返りはなさそうなモノに、トライしていくことです。
自分一代で完結しなくても、後輩たちにリレーしていくという大きなことをやっていくのです。

40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。
(中谷 彰宏 著/PHP研究所) より

40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。短期間で結果を出したいと思っていますか?

時間がたっぷりある(はず)の若い人のほうが、短期間で、しかもラクに結果を出したいという傾向があるのかなと感じます。

中高年になってくると、もうあまり時間がないからと諦めて消極的になってしまう人がいます。その一方、70歳、80歳でも叶えたい大きな夢をもっていて、毎日をイキイキと暮らしている人もいます。

人生の残り時間があまりないからと焦ると、時間がかかる大きなことにチャレンジできなくなります。

私が120歳まで生きるつもりでいる理由のひとつは、焦らないようにするためです。
じっくりと時間をかけて大きなことをやりたいという野望を持っているから。
長期的な視野にたつと、ほんの数年で結果が出なくても焦らなくなります。

気長に追い続けたい夢をひとつ、持ってみませんか?

*関連するページ:
遠まわりを避けて、できるだけショートカットで行こうとするのは、ただ早く老化しようとしているにすぎない
人生をロングスパンで捉える視点
ピラミッドは頂上から作られはしない

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
赤毛のアン スクラップブック他人の日記を読むのが好き。これまで読んだなかでは、夏目漱石の日記が一番好きです。トルストイの日記も面白いです。
今読んでいるのは『赤毛のアン』の作者であるL.M.モンゴメリの日記(1889-1894)。14歳のときからの日記なんだけど、子供の頃から才能があったんだなぁと感じる内容です。まるで赤毛のアンの物語のように引き込まれます。
日記と並行して、モンゴメリのスクラップブックの紹介本も読んでいます。このスクラップブックにもセンスの良さを感じます。内面の豊かな人ってこういう人のことをいうんだなと思います。自分の日記を見ると、あまりにも落差があって少し凹みます。^_^;;

★ 自分磨きテーマ: コツコツ続ける
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年01月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート