◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] アマチュアの反省は抽象的で、精神論に陥ります。プロの反省は具体的です。

2015年03月04日(水曜日)

プロとアマチュアの差は、反省の仕方に出てきます。
プロの反省は具体的です。
アマチュアの反省は抽象的で、精神論に陥ります。
「気合いを入れよう」、「一生懸命頑張ろう」、「死ぬ気で頑張ろう」と、抽象的な反省になります。

スピード自己実現 自分に奇跡を起こす45の具体例
(中谷 彰宏 著/ダイヤモンド社) より

スピード自己実現―自分に奇跡を起こす45の具体例昔の手帳(10年ぐらい前)を振り返ったとき、反省が書かれていることがあります。
そのしばらく後に、また同じ反省が書かれていることがあってショックを受けました。

同じことを何度も反省しているということは、反省が反省になっていない、失敗が生かされていないということです。

私のそれまでの反省というのは「次からは気をつけよう」「もう二度とこんなことがおこらないようにしよう」でした。
具体性がまったくない。

・次からは何をどう気をつけるのか。
・そのために何をするのか。
・同じ失敗を防ぐにはどういう対策をとればいいのか。
・マニュアル化できることはあるか。

これを具体的に考えて、書いておくことにしました。

するとどうなったと思いますか?
同じ失敗をすることが減って、同じ反省を繰り返すことがなくなりました。

たとえ同じ失敗をしたとしても、対策が不十分だっただけのこと。
さらに工夫を加えて別の対策を練ればいいので、「同じ反省」ではなく「違う反省」になります。

プライベートなことで言えば、つい食べ過ぎてしまうことを何度も何度も反省していました。まったく、嫌になるぐらい。
そこで考えた具体策は、毎朝一日三食の献立を決めてメモを書き、キッチンの壁に貼っておくこと。前の晩に決めておくこともあります。
献立が決まっていれば朝食の支度をしながら昼食や夕食の下ごしらえをすることも出来るので、「めんどうだから食べて帰ろう」と無駄に外食することもなくなります。楽しみになる夕食があれば、間食を防ぐ効果もあります。「今コレを食べたら、夕食の○○が美味しくなくなる」と思うから。
朝に献立を決めることを習慣にしてからは、食べ過ぎや無駄食いがほぼなくなりました。
(たまに油断して献立を決めないと、失敗します)

反省するというのは、「次からはこうしよう」と具体的に対策を決めることなんですね。

*関連するページ:
反省は10分でいい。終わったことに多くの時間を割いてはいけない。反省は10分。それを過ぎたら「まあいっか」と頭を切り替える図太さを備えたい。
「傷ついた」ではなく、「気づいた」。大切なことは、「傷つく」ことではなく、「気づく」ことです。
松岡修造:眉間にしわを寄せていたところで、悪い状況がよくなるわけではない。「これを乗り切れば、またひとつ上のステージに行ける!」と明るく危機を受け止める

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日は銀座で軽く迷子になりました。^_^;;
迷子になるのはいつものことなので慣れっこ。打合せの時間にも余裕をみていたので気持ちが焦ることもなく、ブラブラ歩きながら気になるお店チェックをして迷子を楽しんじゃいました。
銀座も一本裏の通りに入るとすごく新鮮です。
美味しそうなお店を何軒かチェックしたので次回はご飯を食べる時間も予定に組み入れようっと。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート