◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 楽観主義は生産的|「楽観的な人」になるには3つの言葉を口癖にすればいい

2015年03月16日(月曜日)

楽観主義は生産的

楽天的な心は富を築き、悲観的な思いは富を破壊する

富をもたらす習慣 失う習慣
(オリソン・マーデン 著/ソフトバンククリエイティブ) より

私には「こうなりたい」という理想像がいくつかあります。

 ・すぐやる人になりたい(ぐずぐず先延ばしする癖を治したい)
 ・度胸がある人になりたい
 ・周りの人を幸せな気分にできる人になりたい
 ・いつも「ごきげん」な人でいたい
 ・きちんと「お手入れ」できる人になりたい

理想像のひとつが「楽観的な人になりたい」ということ。
楽観的な人というのは、一時的に楽観的な考え方をするということではなく、いつでも、どんな状況でも常に楽観的に考えられる人のことです。

どうしたら楽観的な人になれるだろうと考え続けて、次の3つの言葉を口癖にすればいいのだという結論になりました。

 1.(将来)これからのことについて
   「だいじょうぶ、きっとうまくいく」
 2.(現在)いまのことについて
   「これでいいのだ」
 3.(過去)これまでのことについて
   「きっとなにか意味があるのだろう」

過去の失敗や嫌な出来事について「あのおかげで今の私がある」と考えられるようになるのがいいのですが、まだ「あのおかげで」と言えない段階では「今はまだわからないけど、きっとなにか意味があるのだろう」と考えておけばいい。
これは渡辺和子さんから教わったことです。
苦しみはミステリー。その時にわからなくてもわかる時が来る

失敗から学ぶことが必要だけど、教訓を得た後はくよくよ思い悩む必要はありませんから、「これからどうするか」に意識を向けたほうがいいですよね。

これからのどうなるのかを心配すれば行動にブレーキがかかりますが、「きっとうまくいく」と自分を励ませば思い切ってチャレンジができます。たとえ失敗してもまた学べばいい。

上の3つの言葉を口癖にして楽観的な人になろうと思います。

*関連するページ:
楽観主義者は常に「引き潮」に備えている
松岡修造 : 真剣に考えても、深刻になるな!
常にポジティブに考えようとすることが、Positive Thinking ではない。ネガティブなことに遭遇したときに、ポジティブに「変換」できることこそが本当の Positive Thinking だ。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
寝つく時にかぐ香りが睡眠の質に影響を与えるそうです。いい香りに包まれれば、心地よい睡眠に近づけるということ。
これまではローズ系のピローミストを使っていたのですが、今日はラベンダー系のものを買ってきました。ローズの香りは幸せな気分になれて好きだけど、睡眠のためにはやっぱりラベンダーのほうがいいかなと思って。
さてさて、今夜は心地よい眠りになるかなぁ〜、楽しみ。(*^〜^*)

★ 自分磨きテーマ: 素敵な大人になろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート