◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

続ければ日常生活が大きく変わる。日記をつけることで、適当に生きることができなくなってくる。

2015年05月28日(木曜日)

続ければ日常生活が大きく変わる

何よりも日記をつけ始めることによって、ものの見方や話の聞き方が変わる。
これは日記をつける大きな利点です。

今までなら聞き逃していたことも、あとに日記をつけるという作業が控えているために、引っかかってくるものがいっぱい出てくる。
日記をつけることで、適当に生きることができなくなってくる。

日記力―『日記』を書く生活のすすめ
(阿久 悠 著/講談社) より

日記力―『日記』を書く生活のすすめ (講談社プラスアルファ新書)22年以上、一日も欠かさず日記を続けた阿久悠さんですが、最初は日記に抵抗があったそうです。

「忙しいのに日記を書いている時間なんてないよ」という感覚だったようで、これは私も全く同じ。

日記を書く意味や目的、日記を書くことでどんな良いことがあるのかがわかっていなかったので、「そんなことをやってるヒマなんてない」と思っていました。

今では全く逆。日記を書かないなんて、もったいない。どんなに忙しくても、少しでもいいから書いておこうと思っています。
そして日記の本を出してしまうぐらいまでになりました。

日記を書くことで日々の生活での意識が変わります。
けど、それはどんなことをどう書くか、つまり日記の書き方によって違ってきます。

たとえば私は毎日幸せだと感じたことを日記に書いているので、「あぁ〜、しあわせだなぁ〜」と感じたときにすかさずメモをします。忘れないように。
これを繰り返していると、幸せ感度がビックリするぐらいアップしますよ。

自分のその日の褒めポイントも日記に書いています。
ダメなことばかりの日でも、なにかしら褒められることを探すクセがつくので、自己肯定感がアップします。
さらに、自分だけじゃなく他の人の良いところに目を向けるクセがつくようになります。おかげで人間関係がとても良好になりました。

夢を叶えるとか理想の自分に近づくためにも日記を役立てています。
一日一日を丁寧に生きるためにも日記を書いています。
そう、日記を書くことを習慣にすれば、適当に生きることができなくなってくるんですよ。

*関連するページ:
阿久悠:続けることがなぜ大切なのかというと、続けることによって違う方法論を編み出さなければ続かなくなってくるということなんです
今日のことは 今日書かないと 忘れてしまう。人生の解像度を上げるために今日から日記を書こう。
日記の最大の効用は「デトックス(毒出し)」。日記で心のクールダウンができるなら、人といらぬ衝突をしたり、自分を責めたりという「心の事故」が防げるのではないか。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
新しいデジカメを手に入れた影響で、次々と欲しいものが出てきてしまった。
まずはハンドストラップを注文。カメラがとっても小さくなったのでホールド感があやしく、落としてしまうそうなのでハンドストラップを使うことにしました。
そしてカメラバッグが欲しくてしかたないのが今。ブログを書く時間がとっくに過ぎているのに、ネットでカメラバッグをいろいろ探しているうちに2時間近く経っていた。(>_<);;
ひとまず熱を冷ますために、いいなと思ったものをチェックだけして、明日よく考え直してみます。
だって、クローゼットの中がバッグだらけなんだもの・・・。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ: 日記
★ アーカイブ: 2015年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート