◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

胸に刺さった矢は自分自身で抜くしかないのです。

2015年05月30日(土曜日)

胸に刺さった矢は自分自身で抜くしかないのです。

ネガティブな感情は、にきび、吹き出物のようなもの。
心と体が疲れている土壌を好んでムクムクと現れてきます。

大事なのは早期発見、早期治療。
大きくなる前に治してあげて。

あたりまえだけどなかなかわからない 働く女(ひと)のルール
(有川真由美 著/明日香出版社) より

あたりまえだけどなかなかわからない 働く女(ひと)のルール (アスカビジネス)そういえば、同じことでも体調が悪いときにはネガティブに捉えがちになります。体だけじゃなく、心の免疫力も落ちているのですね。

本書では有川さんが実践されている「ネガティブな感情とつきあう7つの方法」が紹介されていました。
ポイントだけ簡単にご紹介します。

1.問題の根底にある原因を突き止める
2.相手の気持ちを考える
3.教訓をみつけて学びのチャンスとする
4.大きな目標を思い出して、些細なことと捉える
5.女優のように嫌な相手にも友好的に接する
6.気分転換をする
7.ユーモアに換える

私が最近気に入っているのは、「やったー! またひとつネタが見つかった」と喜ぶ方法です。
ブログのネタ、メルマガのネタ、本のネタ。

どんな経験もネタになります。
特にネガティブなことは恰好のネタです。
私がなにか不快に感じたり、ガックリきたことは、他の人も同じように感じている可能性が高い。どう対処すればいいか工夫し、それが上手くいけば他の人にも役立ててもらえるはずです。

「こんなときは、こうすれば上手くいく」というちょっとしたノウハウやコツを見つけることは、私の趣味のひとつと言えます。だからネガティブな感情がわいてきたら、その時点で「ラッキー♪」と思ってしまう。

どんな方法でもいいので、自分なりの「ネガティブな感情とつきあう方法」を見つけると、生きるのがラクになりますよ。

*関連するページ:
常にポジティブに考えようとすることが、Positive Thinking ではない。ネガティブなことに遭遇したときに、ポジティブに「変換」できることこそが本当の Positive Thinking だ。
悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである。成り行きに任せる人間は気分が滅入りがちなものだ
人にほめられて有頂天になり、人にくさされて憂うつになるなんておよそナンセンス。そんなことぐらいで自分自身の値打ちが急に変わるものではない

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
いいお天気だったのでお花の写真を撮ろうと、デジカメを持って張り切って出掛けました。
がしかし、歩いている途中で星乃珈琲を発見!
以前からスフレパンケーキを食べてみたかったんです!
目的地へ向かってそのまま通り過ぎたんだけど、このままでは悔いが残ると思って星乃珈琲へ引き返しました。そして念願のスフレパンケーキ♪(≧∇≦)
「クレマカタラナとアングレーズソースのスフレパンケーキ」をオーダーしました。クレマカタラナというのは簡単に言うと濃厚なプリンを凍らせたもので、アングレーズソースはカスタードソースのこと。これにバニラアイスをトッピング。
引き返して大正解! 美味しかったー!\(^▽^)/
明日は「日本一のパンケーキ」を食べにいく予定です。

★ 自分磨きテーマ: 感情のコントロール
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート