◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

「何回すればいいですか」という質問の答えは、「何回でも」です。

2015年06月05日(金曜日)

ダイエットのエクササイズを教えた時でも、「先生、これは1日何回すればいいでしょうか」と聞く人は、できるだけ反復作業を避けたいと思っています。

「何回すればいいですか」という質問の答えは、「何回でも」です。
気がついたらやればいいのです。

自分が思いついた時にやっている人のほうが、はるかに多くの回数を繰返しています。

運のある人、運のない人
(中谷彰宏 著/ぱる出版) より

運のある人、運のない人/地道な反復練習というものが、とにかく苦手でした。

習字の練習も、フルートの練習も、単純なことを繰り返すのがつまらなくて、すぐに嫌になっていました。
だから全く上達しません。上手くなれないから飽きてしまい、長続きできませんでした。

今は反復することの意味や大切さがわかるようになりました。
ランニングを始めたおかげです。

走り続けるというのは、ただひたすら足を一歩一歩前へ進めていくということの繰り返しです。たまに友達とおしゃべりしながら走ることもありますが、基本的には一人で淡々と走るだけです。

その「一人で淡々と」ができないと、マラソンは走れません。
市民ランナーの場合は練習メニューも練習量も自分で決めます。

「どれだけ練習すればいいか」の答えがあるわけではなく、体調や仕事などのスケジュールを考えながら、「できるだけやる」しかない。

走るために腹筋やストレッチもやっていますが、これも何回やると決めるよりも、気がついたらやるという方法でこまめにやっています。

練習やトレーニングは「何回やればいい」ではなく、「何回でもやればいい」なんですね。

*関連するページ:
反復によって創造性の土壌ができる by 村上春樹
ブルース・リー:私は一万回のキック練習を一回した人を恐れない。だが、一回のキック練習を一万回した人を恐れる
コツコツやると、人はメンタルが強くなる。新しいことをすると、新しいメンタルがつく

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
7月25日は福岡で、11月8日は富山&金沢で、100年日記セミナーを行うことになりました。やったー!\(^▽^)/
東京ではもちろんですが、いろんなところで100年日記セミナーをやってみたいと思っています。主催していただける方、大募集中です!
来週6月13日(土)には東京で「100年日記サミット」を開催します。100年日記インストラクターのみなさんに集まっていただいて、どうやって100年日記を広めていくか、100年日記を始めて良かったことのシェアなどを行う予定。
100年日記をつけることで、「毎日が楽しくってしかたがない♪」っていう人をどんどん増やしていきたいと思います。
100年日記インストラクターは絶賛募集中です。面白そうと思ったら Facebook のほうへメッセージをお送りくださいねー!

★ 自分磨きテーマ: コツコツ続ける
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年06月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート