◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

「立派なお店」より「いい人のお店」。お店の規模や世間の評判よりも、そこで働く人が「いい人」かどうかのほうが重要

2015年06月18日(木曜日)

「立派なお店」より「いい人のお店」

お店の規模や世間の評判よりも、そこで働く人が「いい人」かどうかのほうが重要であると、今になれば僕にもわかります。
「あのお店は儲かっている」と言われるより「あのお店のご主人はいい人だ」と言われたほうがいい。

お客さんの笑顔が、僕のすべて!
(松久 信幸 著/ダイヤモンド社) より

お客さんの笑顔が、僕のすべて! システムエンジニアとして働いていた頃を思い出して、一番心がほわっと温かくなるのは、他の部署の人から「コボリさんの下で働きたい」と言われたことです。

当時の私は自分ではあまり「いい人」ではなかったように思います。
仕事の経験も浅く、がむしゃらに頑張っているのに努力が空回りしてイライラしていることが多かったので。

でもひとつ無意識に心がけていたのは、職場の雰囲気を明るく和ませることでした。
プロジェクトのメンバーは納期に追われて徹夜続きで疲れきっています。そのままにしておくとピリピリムードでマズイなと感じていました。

だからわざとバカげたことを言ったりしてみんなを笑わせていました。
仕事そのものはキツかったのに、周りの人(他の部署)からは「楽しそうに仕事している」と見えたそうです。

「なぜ私の下で働きたいの? 仕事はとってもキツイんだよ」と訊いてみたら、「仕事が大変なのはわかっていますが、イキイキして楽しそうに働いているから」との返事。

一緒に働きたいと言われるのは本当に嬉しいことです。
条件がいい(仕事がラク、残業がない、お給料がいい等)わけでもないのに、むしろ条件は悪いにも関わらず、それでも一緒に働きたいと言ってもらえるなんて仕事人としては最高の褒め言葉かもしれません。

今の私にとって、当時の私はひとつの目標です。
「一緒に仕事をしたい」と思ってもらえるような人になりたいのです。
あるいは「一緒に仕事ができてよかった」と思われるようになりたい。

「立派な人」より「いい人」のほうがステキですね。

*関連するページ:
ビヨンセ:才能のある人だったとか成功した人だと思われるよりも、いい人だったと思われるほうが私には大切なことなの。
人の悪いところなんて、三つの子どもでもわかる。でも、人のいいところは大人じゃなきゃ見抜けない。
ジョージ・ワシントン:約束を守ることには、細心であれ|「当てにならない人」というレッテルを貼られないための3つのルール

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
小学校の国語の授業の見学に行ってきました。小学校に脚を踏み入れたのは何十年ぶりだろう。(*^〜^*)
秋に行われる小学校でのビブリオバトルの下見です。
本の紹介って下手くそなんだけど、小学生に「100年日記」の紹介をしたいと思っています。
この本は大人の働く女性向けに書いたものなのですが、日記を人生に活かすという視点で紹介してみるつもり。小学生のときから「100年日記」を始めたらスゴいことになりそうじゃありませんか?
小学6年生の授業にお邪魔したのですが、とても活発に意見交換が行われていました。私の子供の頃のイメージより、ずいぶんと大人っぽかったです。

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年06月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート