◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

感動する能力が劣化してしまうと「感動喪失病」になる。ベテランは特に要注意。

2015年06月30日(火曜日)

感動しないとシャッターは切れない?
では、質問します

「感動って、何ですか?」


フォトコン 2011年 08月号』 (日本写真企画) より

フォトコン 2011年 08月号 [雑誌]ここ最近、すっかり写真にハマっています。
けれど、以前からずっと気になっていることがありました。

それは「感動しないと、カメラを構えることもできない」ということです。

6月21日にお友達と一緒に鎌倉でフォトウォークをしました。
まずは北鎌倉駅近くの円覚寺へ行ったのですが、お寺に着くなり他のメンバーはすぐにカメラを構えて撮影を始めました。

私はというと、ぼぉーっと立ったまま。
みんなが撮っていることに気づいてハッとし、慌ててカメラを構えてみました。

でもダメなんですよね。
「うわーっ、スゴイ!! 撮りたい!!」という気持ちがないと、シャッターがきれません。
まわりの人たちがバシバシ撮影している間、ちょっと気持ちが焦っていました。

もしかしたら感動する力が鈍っているのではないか?
そんな時に、冒頭でご紹介した「感動しないとシャッターは切れない?」という特集記事が目に飛び込んできました。

この特集記事ではフォトコンテストの上位入賞者の方々が考える「感動とは何か」が紹介されています。
いくつかご紹介しますね。

ひと言で言えば、心の「ざわめき」。

菅野勝人さん(写真歴40年)

感動は自分の想像以上の光景に遭遇した時に感じます

久保田良子さん(写真歴10年)

きれいな風景に心を奪われ、
かわいい花に心温まり、
一瞬のチャンスに興奮したりと、
そのとき、心に強く感じることだと思います。

感動をしたくて写真を撮りに行くのだと思います。

成田史明さん(写真歴7年)

この3つが私には共感できました。
そして、私が写真にハマり始めた理由は「感動をしたくて写真を撮りに行く」のだとわかってきました。

もし写真を撮ることを意識しなければ見落としてしまうことはたくさんあります。

先日、ランニング途中でなにかキラッと光るものが目にとまりました。
近くへ寄ってみると、蜘蛛の巣に水滴がいくつもついて、それが太陽の光に照らされてキラキラと輝いていました。
「なんて綺麗! あぁーーー、マクロレンズで撮りたい!!! 望遠レンズで撮っても綺麗かも!!!」と大興奮してしまいました。

蜘蛛の巣ですよ!
蜘蛛の巣に感動するなんて、これまでの私には考えられないことです。
虫が大嫌いで、蜘蛛も蜘蛛の巣も「恐ろしげでゾッとする存在」だと思っていたのに、まさか蜘蛛の巣を見て感動するとは我ながらビックリです。

感動力というのは「感動できる能力」のことであって、それが劣化すると大きな影響がでてきます。
ベテランは特に要注意ですね。

初心者はいろんなものに興味をもって撮ろうとするから、技術的に問題があっても、大きな感動を得て新鮮な作品を生み出す。

鈴木一雄さん(写真家)

写真を撮らなくても同じですね。
小さな子どもにとってはあらゆることが新鮮です。心の揺れ幅も大きくて(つまり、感動する力も強くて)、泣いたり笑ったり、ドキドキワクワクした時間を過ごせます。

ところが大人になると目にするもの、体験することの新鮮味が薄れてきます。
感動する瞬間が減って、感動する力も鈍っていませんか?

「毎日が代わり映えしなくて面白くない」
そう感じているとしたら、感動喪失病かも。

私はカメラという「感動発見器」を手に入れました。
これまでは見落としていた感動を見つけることができそうでワクワクしています。

*関連するページ:
感謝力と感動力は鍛錬で身につく by 武田双雲
いままでできなかったことができたことを、子供のように素直に喜ぶ感動がなければ、何をやっても面白くない
「心を耕す」とは、「わー、すごいな」「きれいだな」と、感動し、共感を覚え、たくさんのことに気づく心を育てること。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
アボカドが好きなんだけど、食べ頃をピタッと当てるのが難しい。
買う時に「この子は2−3日かな」と目星をつけておくんだけど、買ってきてからは「まだかな、まだかなぁ? もういいかなぁ?」と毎日気が気じゃない。早過ぎるのも遅過ぎるのもダメ。ちょうど美味しいときに食べたいから。
今日は「しまった。少し遅れたかも」とハラハラしながら半分に切ってみたら、なーんと、まさにドンピシャ!
もうこれだけで今日はハッピーになれました。(*^▽^*)

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年06月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート