◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

幸せがずっと続く行動習慣:「喜びを生みだし、強化し、長続きさせる」習慣

2015年08月12日(水曜日)

喜びは何かの中にあるのでなく、
私たちの内側にある。

リヒャルト・ワーグナー (19世紀ドイツの作曲家)

幸せや喜びを感じる力に磨きをかけるため、「喜びを生みだし、強化し、長続きさせる」ことを習慣にしてみませんか?

ポジティブな思い出にふける能力とは、いわば異なる時代や場所へと意のままに自分自身を移動できる能力ともいえます。

その能力は、自分が最も必要としているときに喜びや慰めを与えてくれます。

最近の研究からは「ポジティブな思い出にふけったあと、29%の人が新たな視点を手にすることができ、現在の問題について自分なりの考察ができるようになった」と報告されています。

幸せがずっと続く12の行動習慣
(ソニア・リュボミアスキー 著/日本実業出版社) より

幸せがずっと続く12の行動習慣「100年日記」セミナーでは、これまでの人生でどんな楽しいこと、満足できること、達成できたことをワークシートに記入してもらいます。

一ヶ月前、一年前、五年前と遡っていくのですが、一年前や五年前のことを思い出すのは一苦労です。なかには一ヶ月前のことも思い出すのが難しいという方もいます。

今日、あるいは今週、どんな楽しいことがあったでしょう?
どんな嬉しいことがあったでしょう?

毎日いろんな喜びを感じているはずですが、時間が経てばどんどん忘れていってしまいます。
たとえささやかな喜びであっても記録を残しておき、その記録を簡単に振り返る仕組みがあれば、いつでも喜びを再現できます。
何度も喜びを再現すことを繰り返していると、喜びの記憶は強化されます。
そして喜びは長続きするのです。

「100年日記」がその仕組みになっていますが、私はさらに手書きの日記を工夫してポジティブな思い出をより鮮明に思い出せるようにしています。
気分が上がる!可愛くて楽しい日記の作り方

普段の暮らしはもちろんですが、旅行の記録は少し丁寧に「旅ノート」としてまとめます。
可愛い旅ノートの作り方:「紙もの」を集めるのがコツ!

ちょうど夏休みの方も多いと思います。
楽しかったこと、嬉しかったことを後から振り返りやすいように記録してみませんか?

*関連するページ:
毎日を「特別な日」のように生きる。ささやかなことに喜びを見出すのは、幸せな暮らしを送るための秘訣。
道端に咲いている小さなタンポポを目に止めて、「かわいいな」と感じて魂の底から喜べたら、心がちょっと豊かになったしるし。
日々のちょっとした喜びを大切にし、足元の現実を少しずつ積み重ねていくことが、明るい未来につながっていく

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日は50kmランに挑戦しました(4回目のトライ)が、あまりにも調子が悪すぎました。わずか5.6kmでギブアップです。早朝の涼しい時間だったのに。
体調が悪いわけじゃないし、どこかが痛いというわけでもない。だけど、やたら身体が重くてエネルギーが湧いてこなくて走れない。
先月、初めて50kmランに挑戦したときも調子が悪くて途中でギブアップしましたが、その時は27km走ったので結果的にはそれほど悪くもない。
調子が悪くて走れない日もあれば、やたら調子よく気持ちよく走れる日もある。この違いはいったい何だろう???
マニアックに様々な個人ログを収集しているので、ランニングの調子の良し悪しに関連する要因を分析してみました。がしかし、わからない。なにか隠れた要因があると思うんだけど、それが見つけられません。悔しいなぁー。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年08月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート