◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

「たまたま」や「つい」の誘惑に負けない自分になるために、その日のテーマを決めて一日を過ごす

2015年08月13日(木曜日)

今日という日のオリジナルタイトルを考えて過ごしてみましょう。

例えば <ひとりで知的充電をする日> <肌を内側からきれいにする日> <友達の役に立つことをする日> <得意野菜料理を一つ増やす日> などなど。

タイトルのない漠然とした一日を過ごすのか、タイトルが際立つ有意義な一日にするのかはすべてあなたの気持ち次第だし、その積み重ねこそが「カッコよさや実力」となって開花するのだと思います。

女を磨く!45のレッスン
(中山 庸子 著/ソニー・マガジンズ) より

女を磨く!45のレッスン (ブルームブックス)夜になって「バタバタしているうちに、また今日も終わってしまった」とガッカリする日はありませんか?
仕事がある日は仕事のことで、休日も家事やらなにやらで、気がつけば一日が終わってしまったということが。

何も意識しないとそんな風に一日はあっという間に過ぎてしまいます。
そうならないための中山さんの工夫が、「その日のオリジナルタイトルを決める」こと。
今日はこんなことをするぞ、とか、今日はこう過ごそうと決めてから一日をスタートするという方法です。

その日のテーマをあらかじめ決めておけば、ちょっとした誘惑に簡単に負けてしまうことが減ります。

「たまたま面白い本を見つけちゃって」とか「美味しそうなケーキが売っていて、つい」という誘惑は日常のいたるところに潜んでいます。

私の仕事ではインターネットが必須。
ブラウザは常に起動されています。
ちょっと一休みしようとSNSやポータルサイトをチェックすると、「つい」面白そうな記事をみつけて気がつけば30分、1時間と時間が経っているということもあります。
納期前のようにスケジュールがタイトな時はこういう誘惑を退けることができますが、余裕があるときは危険です。

そこで私が工夫しているのは、「今日の最も重要なこと」をひとつ決めること。
あれもこれもやろうとすると上手くいかないので、ひとつだけ決めています。

毎朝、最も重要なことを決めて「100年日記」に書きます。
そして一日の終わりに、その日の最も重要なことを実行できたかどうか、○△×で結果を記録しています。

△や×になる日もありますが、最も重要なことをやろうと意識して一日を過ごすことはできます。

漫然と日々を重ねるより、自分なりのテーマを決めて一日一日を過ごすほうが人生は充実しますよね。

*関連するページ:
うっかりしていると1日は何もせずとも過ぎてしまう。「今日はあれをした」と嬉しくなるような時間を、1時間でも2時間でも、もつようにしたい。
毎朝、しかめ面をして目覚めるには人生はあまりにも短い。新しい日を歓迎することは、幸せになるための最も簡単な秘訣だ
1日が24時間あるのは誰にも同じですが、その中に「いかに幸せで手ごたえのある時間が含まれているか」は、心がけによって全く変わってきます。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
なぜかつい買ってしまうものというのがあると思うのですが、私の場合はバッグ。クローゼットに洋服はあまりないし、外反母趾のせいもあって靴をほとんど買いません。
それなのに、いつの間にかバッグが「どうしちゃったの?」というぐらい溜まってしまう。
それがよくわかっているのに、今日は「あっ、そのバッグ可愛い!」「へぇー、ああいうトートバッグもいいなぁ」と、すれ違う人たちのバッグにばかり目がいってしまいました。
今日のところは衝動買いは抑えられましたが、ちょっと危険かも。バッグって重ねたり圧縮するわけにもいかないので、収納に場所をとるんですよねぇ~。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年08月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート