◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

日記をつけるという行為は、「自分のことがどのぐらいわかっていますか」という確認でもある

2015年10月23日(金曜日)

日記をつけるという行為は、「自分のことがどのぐらいわかっていますか」という確認でもあると思いますね。

今の世の中には自分が何が好きなのか、何が許せないのか、そのことさえ、把握していない人がいます。

僕は忍耐強い人間ですが、「これだけは、触れられると爆発するぞ」という明確な境界線があります。
自分のことがわかっていれば、話をしていて、「こいつはこの境界線を越す危険性があるな」と察知することができる。

日記力―『日記』を書く生活のすすめ
(阿久 悠 著/講談社) より

日記力―『日記』を書く生活のすすめ (講談社プラスアルファ新書)日記っていうのは、自分の内面を映し出す「鏡」です。

朝起きて洗面所へ行き、顔を洗うときに鏡を見ます。たぶん多くの人が同じように鏡をみて、今日の調子を確認していると思います。

「あぁ、寝不足だからちょっと冴えない顔つきだなぁ」とか「あれっ、今日はやけに肌がツヤツヤしているぞ」とか。

それと同じように、日記というのは自分の心や頭のなかで考えていることを客観的に見る「鏡」のようなツールです。

日記を書いている人というのは、自分と向き合うことが習慣化しています。だから自分のことがわかっている人が多い。

何が好きで、何が嫌いか。
得意なことはどんなことで、苦手なことはどんなことか。
やりたいことは何で、やりたくないことは何か。

こういうことがわかっていると、苦手な人やコトをうまく避けることができるし、自分好みのチャンスが目の前にきた時にタイミングを逃すことなくパッと掴むことができるようになります。

自分磨きって、自分が得意なところや良いところに磨きをかけて自分を輝かせていくことです。
ところが自分が得意なところや良いところがわかっていなければ、どこ(なに)を磨けばいいのかもわかりませんよね。

まずは自分を知る。それが自分磨きの第一歩になると思います。

*関連するページ:
すばらしい笑顔のカギは「楽しい考えを持つこと」。心のなかが楽しくなければ、部屋じゅうを明るくするような笑みを浮かべるのは難しい。
嫌なときに「嫌」とはっきり言うために、普段の些細なことには口出ししない。それが、自分を通すための知恵です。
自分に自信がないと、つい「私も・・・」となってしまいがち。「みんながそうだから」というだけで、安心してしまうことはありませんか?

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
歯列矯正を始めて2年と数ヶ月。定期的にクリニックに通っています。今日もインビザラインという器具の調整と口内クリーニングに行ってきました。
いつものように挨拶をした後、担当の方に「ウルトラマラソンはどうでしたか~?」と質問されました。
2ヶ月ぶりだったのですっかり忘れていましたが、前回はウルトラマラソンの話をしたようです。
うーーーん、スゴイ。毎日何人もの接客をしているのだから、雑談の内容なんか覚えているわけありませんよ。ちゃんとカルテに雑談の内容をメモしているんですねーーー! 素晴らしい!!! やっぱり記録するって大切だわぁー!!!

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ: 日記
★ アーカイブ: 2015年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート