◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

普通の人にファンができる時代:ファンになってもらうには「憧れられる」「共感してもらえる」「応援したくなる」、この3つの要素が必要

2015年10月28日(水曜日)

ファンになってもらうには、「憧れられる」「共感してもらえる」「応援したくなる」、この3つの要素が必要です。

カリスマモデルがもてはやされた時代には、自分の手のとどかない人に憧れファンになる人が多かったように思いますが、今はカリスマモデルよりも読者モデル。

自分のライフスタイルや考え方を公開し、それに共感されるとファンが増えるということが多い。
だからこそ「普通の人にファンができる時代」なのです。

可愛いままで年収1000万円
(宮本 佳実 著/WAVE出版) より

可愛いままで年収1000万円もしかしたら今更なのかもしれませんが、そう、今は「普通の人にファンができる時代」なんですよね。

私の頭の中は古い時代のままで、山口百恵さんとかピンクレディーのように、雲のはるか上にいる特別な存在の人にファンがいるというイメージのままでした。(あぁ、歳がバレますね~)

だから「コボリさんのファンなんです!」とキラキラした目で言われても、「へっ??」という感じでした。

自分を卑下しているわけではありませんが、どこにでもいる「普通の人」の私にファンがいるって、おかしいと思っていました。

でも、考えてみれば私の「憧れの人リスト」にはごく身近な人達も多く含まれています。Facebook のお友達の投稿を見ていると「すごいなぁー」と思うことが度々。

とっても素敵な写真を頻繁に投稿してくれる人、最新の尖った情報をセレクトして投稿してくれる人、日常のなかの幸せをみつけるのがとっても上手な人、チャレンジ精神旺盛でいつも何かしら新しいことを試している人、などなど。

自分のファンを作ろう(増やそう)と思ってなにか特別なことをやろうとすると、たぶんおかしなことになると思います。

そうではなく、「等身大の今のままの私でいいんだな」とわかりました。
「特別」であることを求められているわけじゃないんですよね。

そのままの「普通」の私にもファンができる。
今はそういう時代なんだって、わかりました。

*関連するページ:
安室奈美恵:私のことを見て、この人みたいになりたいと思ってもらえる人になりたいっていう気持ちは20年間変わらないです。
よしもとばなな:自分の歩くところみんなお花を咲かせる気持ちでないと、これからの女子はだめね。
いつも元気な人はちょっと尊敬される存在になる。そこから元気が広がっていくからだ

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
おでんを作りましたよ~♪ 煮込み料理って楽しいなぁ。
初日ですが、もう大根が美味しくなっていました。でも明日になればもっと美味しくなっているはず。こういう楽しみがあるから煮込み料理って好き。
そうそう、ご紹介するのを忘れていましたが、2日目に100年日記のFacebookページを作りました。出来立てホヤホヤです。
ぜひ「いいね!」してくださいね~☆ (@^▽^@)/

★ 自分磨きテーマ: 素敵な大人になろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2015年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート