◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

非凡な才能の持ち主ほど、人生を俯瞰で見るのが上手。今どこにいて、どこに向かっているのかを、毎週のように自問し、チャンスは一度きりであると、自分に言い聞かせている。

2016年02月24日(水曜日)

さまざまなクライアントと話をしていて思うのは、非凡な才能の持ち主ほど、人生を俯瞰で見るのが上手だということだ。

自分が何者なのか、今どこにいて、どこに向かっているのかを、毎週のように自問し、チャンスは一度きりであると、自分に言い聞かせている。

ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう
(エリック・ベルトランド・ラーセン 著/飛鳥新社) より

ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう目の前にある些末なことに振り回されないようにする。
そのために出来るだけ視野を広げる。

10年先、20年先、さらには自分が死ぬときのことまで、つまり人生全体を俯瞰して考えるようにしています。

「もし今、怖気づいて挑戦しなければ、後悔するんじゃないか?」

そう自分に問いかけています。
後悔すると確信できれば、思い切ってトライしてみる。

ウルトラマラソンや本の出版など、怖気づきそうになりましたが、やっぱりトライして良かったと思います。

私は120歳まで生きる前提で人生計画を立てていますが、それでも、今から100年後には間違いなく私はこの世にいません。

人間の致死率は100%です。
生まれた瞬間から、死ぬことは確定しています。

だから思いっきり生きたい。
一日たりとも無駄にしたくない。

特に今年は、「精一杯やった!」と思える一年にすると年初に決めました。

チャンスは一度きり。
今日を生きることができるのも、一度きり。

目先のことに振り回されず、自分にとって重要なことにフォーカスしましょう。

*関連するページ:
もし10年前の自分と比較して「10年前のほうがよかった」と思うなら、生き方を間違っている
死ぬ間際に「○○しておけばよかった」と後悔しそうなことは、とりあえずやってみよう。たとえうまくいかなくても、やらないよりマシ。
生きていくのには目標が必要ね。宵の明星のような目標が。脇道にそれることはあっても、道に迷うことはありません

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
「旅上手な人になりたい」という漠然とした憧れがありましたが、この内容がちょっと具体化してきました。
旅に求めることは人それぞれ。美しい景色、グルメ、観光、ショッピング、癒し、非日常などなど。
でも、私はこのいずれにもあまり興味が持てません。やっぱりお家が大好き。家で食べるごはんが一番美味しいと思うし、家でゆったりのんびりしているのが一番好きです。
つまり、一般的な旅行には興味が持てないということなんです。でも、旅に出てみたい。それはなぜなのか? 何を求めているのか?
つい2日前にこの答えを見つけました。私が旅に求めているのは「冒険」。ワクワク&ドキドキ&ハラハラする体験をしたい。それが私が旅に出たい理由だったんです。
さてと、今年はいくつ「冒険」ができるかな~♪

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2016年02月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート