◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

計画とは将来への意思である。将来への意思は、現在から飛躍し、無理があり、現実不可能に見えるものでなくてはならない。

2016年03月24日(木曜日)

計画とは将来への意思である。
将来への意思は、現在から飛躍し、無理があり、現実不可能に見えるものでなくてはならない。

現在の延長上にあり、合理的であり、現実可能な計画はむしろ「予定」と呼ぶべきだろう。

土光 敏夫 (実業家)

うちの会社は年度末ではないのですが、やはり区切りがいいので4月以降の計画を見直しているところです。

年内の短期的な計画だけでなく、10ヶ年計画と5ヶ年計画も見なしています。
10年後、5年後の未来から逆算して考えているのですが、いざ書いていると怖気づいてしまって「これぐらいなら出来そうかな」と弱気な計画になっていました。

これではダメだと頭を切り替えて、「現在から飛躍し、無理があり、現実不可能に見えるもの」を思い描くことにしました。

仕事のことだけじゃなく、プライベートのことも含めて人生全体の計画を立てているでしょうか?

目先のことに振り回されないために、遠くの大きな夢や目標を見つめ直す時間も必要です。

*関連するページ:
ブルース・リー:失敗を恐れるな。失敗することではなく、目標を低く掲げることが罪なのだ。大きな挑戦では、失敗さえも栄光となる
多くの人は、計画を「守らなくてはいけないもの」と勘違いしてしまっている。計画を立てる本当の目的は「現実とのズレを作るため」なのです。
非凡な才能の持ち主ほど、人生を俯瞰で見るのが上手。今どこにいて、どこに向かっているのかを、毎週のように自問し、チャンスは一度きりであると、自分に言い聞かせている。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
「やったー! これだー!」というアイデアがひらめいてウキウキした数分後、そのアイデアの欠点が見つかってガックリ。でもさらに粘って考え直し、また「よし、これだ!」と思えるアイデアが出たけれど、散歩中に「やっぱりいまいちかなぁ」と思い至り、さらに再考中(イマココ)。
一晩寝て、明日の朝にさらなるヒラメキに期待します♪

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2016年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート