◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

柳井正:目標が具体的かどうか。ちょっとしたことだが、ここが成功する人としない人との決定的な差だ。

2016年05月09日(月曜日)

目標が具体的かどうか。
ちょっとしたことだが、
ここが成功する人としない人との決定的な差だ。

柳井 正

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?目標が具体的でなければ、具体的な行動ができません。

でも、この「具体的」に表現するということが意外と難しいのです。
それは「なんとなくわかったつもりになる言葉」を使う癖がついているから。

何をするのかわかりづらい曖昧な言葉を、具体的な行動が「見える」言葉に置き換える癖をつけることで改善していくことが出来そうですよ。

『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』(かんき出版)に具体的な行動が「見える!言葉」の例が載っているので一部ご紹介しますね。

 ・検討する → この3週間で実施するかどうか判断する基準をもつ
 ・見える化 → 議論の論点を3つにまとめ、いつまでに、何を、誰が
       実行するのかをホワイトボードに書き出す
 ・把握する → 関係者にインタビューをして問題点を3つに集約し、
       打つ手を紙1枚にまとめる
 ・意識する → ハガキサイズの10項目チェックリストを持ち歩き、
       9時・13時・18時の3回チェックする

「検討する」とか「意識する」という言葉は私も頻繁に使ってしまうのですが、具体的に何をするのかがわかりづらい言葉ですね。

上のサンプルのように何をするのかが「見える」表現に変えることで、行動しやすくなるし、実際に行動できたかどうかの判定ができるようになります。

「なんとなくわかったつもりになる言葉」を、行動している姿が目に浮かぶ表現に言い換える習慣をつけていきましょう。

*関連するページ:
どんな夢に向かうにせよ、目標は具体的かつ簡潔であるべきだ。さらに言うと、「かっこよく」あるべきだ。
手に入れたいものを具体的に思い描くことが大切だ。そのためには、「あきらめ」ではなく「あこがれ」を持とう。
アマチュアの反省は抽象的で、精神論に陥ります。プロの反省は具体的です。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
ゴールデンウィークって、断捨離やお片付けシーズンなのかな??
周りで断捨離やお片付けに励んでいる人が多いので、私もまたお片付けがしたくなってきました。
手放す決心がつかなかった着物とバッグを今週は断捨離しようと思います。
「いつか」使うかもしれないものより、「今」の自分に必要なものを大切にしていきたいので。

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2016年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート