◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

時間という目に見えないものは、可視化して面積で示してあげると、ぐっと管理しやすくなる。

2016年07月13日(水曜日)

1ヶ月の外枠を囲むことで、月末までの面積が明確になる。
すると、月の初めから適度に緊張感を持って仕事に向き合える。

私はこの外枠囲み方式で、1ヶ月の忙しさをバランスよくならすことができるようになった。

時間という目に見えないものは、可視化して面積で示してあげると、ぐっと管理しやすくなる。

モノが少ないと快適に働ける
(土橋 正 著/東洋経済新報社) より

モノが少ないと快適に働ける―書類の山から解放されるミニマリズム的整理術「1ヶ月の外枠を囲む」というのは、手帳のマンスリーカレンダーのページのことです。

土橋さんがお使いの手帳は高橋書店の「ラフィーネ」というA6サイズ(文庫本サイズ)のマンスリータイプ。「ラフィーネ」は女性向けの手帳なので表紙は花柄ですが、これにビジネスっぽいカバーをつけて使われています。

そのカレンダーページの写真が本書に掲載されていました。
土橋さんはグレーのマーカーで当月の枠を囲っています。

最初、本を読んだときは「そんなことしてどういう効果があるんだろう?」と疑問でした。でも、物は試し。

私も真似をしてみましたよ(下の写真)。

やっぱり実際に試してみるのはいいですね!
外枠を囲むと違います!

見開き2ページが1ヶ月分で、外枠をつける前は広々して見えました。つまり、時間がたっぷりあるように見えるんです。

ところが外枠を囲んで、さらに出張の予定を入れてみると10月は稼働日数(使える時間)が意外に少ないということが一目でわかるようになりました。

今月も「まだまだある」と思っていたのが、外枠をつけると「まずい、もう時間がない」ということに気づきました。

これは言葉で説明してもピンとこないかもしれません。
ぜひご自身の手帳で試してみてください。

私はフリクションペンで外枠をつけましたが、もし細い(3mmとか)マスキングテープをお持ちであれば、マスキングテープで囲むと良さそうですよ。簡単に真っ直ぐの線で囲むことが出来ますから。

ちなみに、10月は9日が金沢、10日は富山、15日が名古屋、16日は京都で手帳セミナーを開催します!
ぜひ今から手帳に予定を入れておいてくださいね。(@^▽^@)/

*関連するページ:
冲方 丁:締切が迫ってウツっぽくなると、シールを買ってきて手帳にペタペタ貼って、楽しいフリをしてみたりするんですよ。自分の時間をデコレーションしてみたくなるんです
やりっ放しでは進歩がない ─ 手帳に書くべきこと
過去手帳から「傾向と対策」をねってみる

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
パソコンを使い始めてもう20年以上になるのに、今になってようやく気づいたのが、キーボードは綿棒で掃除すれば超ラクチンということ。
まったく、なんで今まで気づかなかったんだーー!!
細かなところまで綺麗になってすっごく気持ちいい~♪ (≧▽≦)

★ 自分磨きテーマ: 時間から自由になる
★ タグ: 手帳
★ アーカイブ: 2016年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート