◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

成果を出した人が幸せなのではなく、幸せな人が成果を出す|「主観的幸福度」を上げよう

2017年02月05日(日曜日)

成果を出した人が幸せなのではなく、幸せな人が成果を出す

どんなに気合いを入れて「やるぞ!」「頑張ろう!」と決意しても、自分が心地いいとも好きだとも思えないないことに関しては、やる気や集中力を発揮することができないのです。

脳が目覚めるたった1つの習慣
(瀧 靖之 著/かんき出版) より

脳が目覚めるたった1つの習慣このブログでも何回か「やりたいこと優先主義」のことを書いてきました。

「やらなければいけないこと」ばかりをこなす毎日ではなく、「やりたいこと」をどんどん実現していく生き方のほうがいいと思うからです。

なにかの選択で迷ったとき、私の行動指針は「楽しいほうへ、楽しいほうへと進む」です。

楽しいこと、本心からやりたいと思っていることをやっている時って、高いパフォーマンスを発揮しているのではないかと思っています。

私の場合、手帳や日記、ノートの書き方の工夫を考えている時の集中力は結構すごいですよ。夢中になっているので時間はあっという間に流れます。

逆に、苦手なこと(私は事務作業が苦手です)に取り組んでいるときのパフォーマンスはかなり低くて、時間もかかります。

苦手なことを無理にやるよりも、夢中になれることをとことん突き詰めていくほうが私も幸せだし、世の中に貢献できると思います。

あなたはどんなことをしている時に幸せを感じますか?
夢中になってしまい、あっという間に時間が過ぎてしまうのはどんなときですか?

*関連するページ:
夢を書くと、脳からの援助が得られる|脳はあなたがその夢をつかむのを見ようと、ふだんより余計に働くようになる
朝、20文字程度の「1日の目標」をつくると、脳のなかの思考系脳番地を活性化させるのに効果的
幸福とは結果ではなく、自分が納得のいく生き方をしている「状態」なのである。

*無料PDFダウンロード:
やりたいことリスト(My Wish List)
やらないことリスト(Do Not List)+ 学んだことリスト(Lesson List)

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日から使い始めた「小さい財布」は、いい感じです!
あまりにも小さすぎて最初は不安でしたが、すぐに使い方に慣れました。
財布に限らず、余計なものをそぎ落としたシンプルなものっていいですねー。本質的に大切なことがわかるようになります。
先月から始めたミニマリストプロジェクトはまだ完了していませんが、だいぶ進みました。無駄だとわかっているのに持ち続けていたモノを処分したおかげで、変なストレスも減ってきました。引き続き、余計なものをそぎ落して大切なものを見極めていきたいと思います。

★ 自分磨きテーマ: 脳と仲良く
★ タグ:
★ アーカイブ: 2017年02月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート