◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

なぜ「手書き」でなければならないのか? 目標を手書きしたときの達成率と、キーボードでタイプしたときの達成率の比較

2017年10月25日(水曜日)

ドミニカン大学カリフォルニア校で心理学を教えているゲイル・マシューズ教授が、二六七人の参加者を集めて、目標の達成率に関する実験を行った。

目標を手書きしたときの達成率と、キーボードでタイプしたときの達成率を比べたのである。

すると、手書きするだけで、達成率は42パーセントも上がることがわかったという。

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング
( アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ 著/サンマーク出版) より

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング2018年版 逆算手帳はAmazonで好評発売中です!★

「めんどうだから」「字が下手だから」「効率が悪いから」などの理由で、どうしても手書きしたがらない方がいます。
でも、この実験結果を知ったとしたら、手書きしてみようと思うかもしれませんね。

目標の達成率が42パーセントも上がるのであれば、ちょっとした時間や労力を惜しんでいる場合じゃありません。

逆算手帳はもちろん手書き推奨です。
しかも、いきなり手帳に書き込むのではなく、下書きをオススメしています。
新しい手帳を買った直後に、手帳オタクの私が真っ先に行うことは

逆算手帳のFacebookグループを見ていると、Wish List(やりたいことリスト)や Life Vision を2、3回下書きしている人が多いみたい。しかも、手書きで。

私自身も3回は下書きしますし、記入例作りを含めると、同じことを何度も繰り返し下書きしていることになります。
しかも、出来るだけキレイに書こうと丁寧に、念を込めながら書いていますよ。

手書きすれば全てが叶うというわけではありませんが、達成率が上がるのあれば試して損はないでしょう。

*関連するページ:
本を読むより、手帳を読もう! 糸井重里:記録は読まれなければ、つける意味はありません。
思い定めた目標から目をそらさずにいる人は、どんなに遅々たる歩みであろうと、あてどなく踏み迷っている人より、速い足取りで歩いている
苦しみながら目標を達成する人は、「能力」を使って目標に向かおうとしますが、ラクに目標を達成する人は、「想像力」を使って目標に向かうのです。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
30分ぐらい本を読んでいたかなと思ったのに、実際には13分でした。時間の感覚ってあてになりませんねー。
読書の秋ですが、忙しくてゆっくりと読書する時間はとれません。それでも、iPhoneのKindleアプリのおかげで移動の合間の数分でも本を読めるのがありがたいなぁ。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2017年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート