◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

悲観的な人は、風向きが変わると、不平を言う。楽観的な人は、そのうち変わるだろうと、期待をする。現実的な人は、帆の向きをちゃんと風に合わせる。

2017年12月20日(水曜日)

悲観的な人は、風向きが変わると、不平を言う。
楽観的な人は、そのうち変わるだろうと、期待をする。
現実的な人は、帆の向きをちゃんと風に合わせる。

ウィリアム・アーサー・ワード

★逆算手帳は Amazon および 東急ハンズ銀座店 で販売中です!★

本日、12月20日(水)の17:00から20:00まで、東急ハンズ銀座店(マロニエゲート銀座1の6階)で逆算手帳の実演販売を行います。
お仕事帰りにぜひお立ち寄りくださいね♪

◇     ◇     ◇

昨日ご紹介した「セルフコーチング・フォーマット」は、状況を客観視して冷静に分析するためのツールです。

悲観的になると道は拓けるどころか閉ざされてしまいます。

できれば楽観的にものごとを見たいと思っていますが、対応策を考えることなく能天気に「なんとかなる」というのも性に合いません。現実的に、どうすべきかを考えたほうが私は安心します。

今年、「逆算手帳」の知名度が少し上がったとは思うのですが、正しく認識されているのかいまひとつ自信がありません。単なる「夢を叶える手帳」だと思われているのではないかと。

これまでも「夢を叶える系の手帳」はありましたし、ドリームマップやビジョンボードなど、夢をビジュアル化するツール(手法)もありました。

そういうものと「逆算手帳」は何が違うかというと、「現実的に」夢の実現方法を考えるツールだという点です。

ワクワクする未来である「ビジョン」を定義し、そこから逆算して現実的な計画を立て、行動に繋げていくのが、「逆算手帳」です。
ふわふわした夢を見るだけで終わることなく、足元の「今やること」まで落とし込んでいくためのツールです。

楽観的かつ現実的にものごとを捉えていきたいですね。

*関連するページ:
イライラする人の口グセの1つは、「こんなはずじゃなかった」。目の前に起こっている現実を受けとめられないのです
目標は「未来を変えるため」ではなく、「今を変えるため」「自分を変えるため」に持つものなんです。
心が乱れると、心に映る現実も乱れてしまう。乱れた現実の中にいると、すべてが狂いはじめる。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
しっかり休んだおかげで、今度こそ回復しました。かなり快適♪
今日はこれからハンズでの実演販売。油断して風邪を振り返さないように注意しないとー!
ムックが校了となり、逆算ウィークリーがAmazonの在庫に補充されました。やること盛り沢山だけど、少し前進してほっと一息です。

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2017年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート