逆算手帳 無料メール講座

行き当たりばったりで、まぐれ当たりで得た結果というのは続かない。一回のまぐれ勝ちに慢心せず、仕組み化して勝率を上げるべし

2018年04月30日(月曜日)

「成功のためには行き当たりばったりで、まぐれ当たりで得た結果というのは続かない。単なるそのときの根性というだけで得たものは続かない。仕組みを作って、システムをつくって、法則をつくってくという形でいかないと、大きな組織づくりというのはできない、継続して、勝つ仕組みはできない」

一回のまぐれ勝ちに慢心せず、仕組み化して勝率を上げていくことは、企業だけでなく、ビジネスマン一人ひとりの成功においても不可欠なことである。

孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学
( 板垣 英憲 著/PHP研究所) より

孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学 (PHP文庫)ソフトバンクには「日次決算」など、独自のシステムがあるそうです。
うちの会社は現状ではまだ「月次決算」ですらままならないのですが、「継続して勝てる仕組み」を作ることは死活問題だと思っています。

「たまたまうまくいった」というのは、とても危うい。なぜうまくいったのか、今後もうまくいくためには何が必要なのか。
再現性の分析と仕組みづくりが大切ですよね。

うまくいった時は「なぜうまくいったのか? これからもうまくやるには何が必要か?」と考えます。

うまくいかなかった時は「なぜうまくいかなかったのか? つぎはうまくやるには何が必要か?」を考えます。

もちろん、ただ考えるだけではありません。
「うまくいく仕組み」を作っていくわけですが、私なりの仕組みが「逆算手帳」です。

どうすればいつもうまくいくか。ごきげんでい続けるにはどうすればいいか。それを考え続けた結果が「逆算手帳」や「100年日記」でした。

20年ぐらい前に先輩に教わったことが頭にこびりついています。

「再現性が大事」

一時的な成功ではなく、成功し続けることのほうが大切ですよね。

*関連するページ:
ドラッカー:成果をあげる人とあげない人の差は、才能ではない。習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。
自分の心が奮い立っていない状態で他人を奮い立たせるなどできるはずがない。
「これが理想的であることはわかってはいるけれど、現実にはそんなことは不可能だ」と少しでも思ってしまったら、どんなことも実現することはできない。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
GW前半。Facebookを眺めているととっても幸せな気分になります♪
みんなとっても楽しそうだから。べつに普段が楽しそうじゃないというわけではなく、いつも以上にリラックスして楽しんでいる様子が伝わってきて、ほんわかした気分に浸っています。
私はというと、今日はまつエクとネイルのお手入れに行ってきました。まつエクをリペアしてまた可愛くなったし(笑)、爪もピッカピカになりましたー!
それ以外の時間はパソコンとにらめっこです。(*^▽^*)

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2018年04月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート