逆算手帳 無料メール講座

計画を書面にすると、成功率が16%高くなる

2018年05月11日(金曜日)

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。

吉田松陰

ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2018年 4 月号 [雑誌] (その戦略は有効か 転換点を見極める)

ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2018年4月号』に、興味深い研究結果が紹介されていました。

アメリカの起業家を対象とした調査の結果、プランを作成していた起業家のほうが、プランを作成しなかった起業家よりも実現可能性が16%高かったそうです。

書面にしたプランがあれば、目標達成に集中することができ、より優れた意思決定がしやすくなるからです。

「わずか16%」と思うでしょうか? 「16%も!」と思うでしょうか?

私の場合、ちゃんと計算したわけではないのですが、何度もシミュレーションをして計画を練った場合とそうでない場合では、もっと大きな差があります。もちろん、作戦や計画を練ったほうがうまくいきます。

紙に書きながら、数字の場合は表計算ソフトを使って、想定できるパターンのシミュレーションを行い、比較し、どれが成功確率が高いかを考えたうえで、実行に移します。

特にトライアルが難しく、ぶっつけ本番に近くなるケースでは計画は必須です。スピーディーにトライアルが出来るケースであれば、計画を練るよりも実験したほうが速いのですが、今の仕事はそれが出来ないことが多いので。

計画があれば、なぜ成功したか、なぜ失敗したか、今後も成功するには何をすべきか、同じ失敗を繰り返さないためには何が必要か、といったことがわかります。だから成功確率が上がっていきます。

仕事だけでなく、プライベートのやりたいことも同じです。
計画を立てたほうが、成功確率は上がりますよね。

*関連するページ:
一つの分野で第一人者になるには最低十年はかかる。「十年後にはこうありたい」と思い描くなら、いますぐに計画を立てなければ手遅れになる
プロジェクトの計画にかける時間が多ければ多いほど、要する全時間数は少なくてすむ。忙しいからといって計画の時間を削ってはならない。
「流されて生きるか」「自分で切り開いていく人生を生きるか」を決めるのは、自分の心を見つめる作業を厭わずにできるかにかかっている。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
6回目の加圧トレーニングしてきました。
最初はぜんぜんダメだった内腿の筋肉がだいぶ強くなってきましたよーーー、凄い。加圧トレーニングを始める前と比べて筋肉量も増えていました。地道にコツコツ続けていこう♪

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2018年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート