逆算手帳 無料メール講座

正解・不正解の時代ではなく、好き・嫌いの時代がきている

2018年05月23日(水曜日)

正解・不正解の時代ではなく、
好き・嫌いの時代がきている

僕は、だれの真似もしない
( 前刀 禎明 著/アスコム) より

僕は、だれの真似もしない学校の勉強が面白くなかったのは、決められた正しい答えを出さなくてはいけなかったから。
曖昧なことについては先生の好みや考えにあったものが正解とされて、そういうことを「くだらない」と感じていました。

何が正解かということより、自分がどう考えるかのほうが面白いと思っています。

大人の世界には「ただひとつの正解」なんてありません。
たくさんある選択肢の中からどれがベストだろうかと自分で考えて、試してみることの連続です。

どれがベストなのか、決め手がない場合には、好き・嫌いで選んでいい。そういう自由を謳歌できるのが、今の時代です。好き・嫌いで選ぶ自由がなかった時代もあるのですから、今はとても恵まれていますよね。

働き方も、会社勤めでもいいし、フリーランスでもいいし、起業して自分でビジネスを始めるのでもいいわけです。どれが正しいということではなく、どういう働き方が好きかで選ぶことができます。

好きなこと、楽しいと思えること、面白いと感じられること。
そういうことを優先していいんですよね。

*関連するページ:
正解が1つしかないのは、子供の世界。大人の世界は、答えは教えてもらえないが、正解は無限にある
失敗したら初めからやり直せばいいの。そのたびにあなたは強くなれるのだから。
小鳥が親鳥の持ってくるエサを巣で待つように、選択肢を考えないで決定事項をただ待っていないか?

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
眼鏡をかけなくても足の爪が切れる。そんなちょっとしたことに感動してしまう(笑)。目が見えるって、ほんと快適。
でも見えすぎて嫌なこともちょっとあります。今はとにかく皺が気になってしかたないー! 見えてなければ気にならないのに、見えると「なんとかしたい」と思ってしまう。
さて、どうしたものか? ひとまず目元パックとプラセンタドリンクをAmazonで注文しました。( ̄▽ ̄)

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2018年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート