逆算手帳 無料メール講座

プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが、プロの道は独創。そうでなきゃ通用しない。

2018年07月03日(火曜日)

プロとアマの違いは
アマは真似でも通用するが、
プロの道は独創。
またそうでなきゃ通用しない。
だから苦しいが喜びも計り知れない。

升田 幸三 (将棋棋士)

ここ最近、特に重視しているのは「考える時間」をしっかり確保すること。

もちろんインプットも必要なのですが、ただインプットしているだけでは「独創」は生まれません。自分の中でアイデアを発酵させることが必要です。

じっくりと時間をかけて考え続け、ふっ、と閃く瞬間を待ちます。

私の「考える」方法というのは、ノートに質問を書くことから始まります。
たとえば「どうしたらテンションが上がる取説になるか?」とか、「GYAKUSAN株式会社のあるべき姿とはどういうことは?」といった質問です。

考えたいことを質問にしてノーとに書き、目で見る。
そして浮かんできたアイデアをノートに書いていきます。

すぐに良いアイデアが出てくる場合もありますが、時間がかかることがほとんどです。そして閃く瞬間というのは、夜寝ようと思って照明を消した瞬間とか、ランニングしている途中とか、お風呂で髪を洗っている真っ最中というように、厄介なタイミングが多い。

だから枕元にはペンとメモを常備していますし、走る時も必ず小さなノートとペンをポケットに入れているし、お風呂にも水に濡れても書けるノートとペンがあります。

人に会ったり、作業をしているほうが「仕事をしている」と実感できますが、私にとって一番大切な仕事は考えること。
引き籠ってノートとペンを手に、じっとしている時間が大切です。

*関連するページ:
アマチュアの反省は抽象的で、精神論に陥ります。プロの反省は具体的です。
「くり返すことができる」が、プロ。
独創のコツはね、第一は結果がどう出るかわからないのにコツコツと努力を続けること、これ、言わば蓄積の段階。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日は迷子になって大変でしたが、今日は迷子にならずに目的地へ辿り着くことができました。よかったー。
それにしても暑いですね。日傘を使っていますが、風が強くて使えないこともあって、ジリジリと焼かれてしまいます。シミが増えそう・・・。

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2018年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート