逆算手帳 無料メール講座

よけいなものを手放すことは、自分自身をケアすることと同じ

2018年09月12日(水曜日)

よけいなものを手放すことは、
結局自分自身をケアすることと同じ

いらないものを減らすプロセスは、
「自分は、ほんとうはどう生きたいのか」を考えることであり、
そこからより満足のいく人生の一歩が始まる

モノとわかれる!生き方の整理整頓
( 大塚 敦子 著/岩波書店) より

余計なものを減らすのは一回やればいいというわけにはいかず、習慣として定期的に行っていくことです。

生活をしていれば少しずつモノは増えていきます。それに、自分自身も変化していくので、昨日までは必要だったものが今日はもう要らなくなっていることだってあります。

増えていくもののひとつに、本があります。
本の収納スペースから溢れ始めたら、本の整理をして不要となったものをブックオフに持っていっています。

一生手元に置いておきたい大切な本もあるし、目の前の課題を解決するために読んだ本、ふと興味をもって買った本、面白そうと思って買ったけど一度も開いていない本もあったりします。

本を一冊一冊手にとって、「これって今の私に必要? 明日の私にも必要?」と考えながら選別していきます。

過去の私に必要だったものではなく、今とこれからの私のために必要かどうかを基準にするので、「これからどう生きていきたいのか」を考えているということ。

もの整理をしながら考えた後に、言語化して記録しておけばより一層、望む生き方が明確になりますよ。

ノートでも手帳でもツールは好きなものを選べばいいのですが、頭や心の整理をするために、『逆算手帳の習慣』も参考にしてみてください。

*関連するページ:
「増やすこと」を追い求める生き方をやめ「減らすこと」に取り組めば、人生が変わる。
ものがありすぎることは、心の負担になる。不要なものがなくなれば、人生の満足度が飛躍的に大きくなるのだ。
ミニマリズムのいいところは ものが減ることではない。本当の利点は豊かさが増えることだ。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
涼しくなって走りやすくなったー♪ 今朝は7時という遅めのスタートでしたが、気持ちよく朝ランできました。
そして、夕食はおでん♪ 久しぶりにルクルーゼを出しましたよ。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2018年09月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート