逆算手帳 無料メール講座

稲盛和夫:理想を実現していくプロセスとして、「見えるまで考え抜く」ことが大切です。

2019年03月06日(水曜日)

仕事において何かを成し遂げようとするときは、つねに理想の姿を描くべきです。
また、その理想を実現していくプロセスとして、「見えるまで考え抜く」ことが大切です。

稲盛 和夫

昨日から頭の中が経営者モードになっているせいか、今朝は稲盛和夫さんが夢に登場しました。私の脳は単純でわかりやすい(笑)。

今日も逆算手帳の説明中に「ビジョン」の重要性についてお話しました。
そして、ビジョンをは目に見えるもの、ビジュアライズされたものなんです。

何がどうなると嬉しいのか、幸せなのかを、フルカラーで見えるようにしていきます。

ちゃんと突き詰めて考えないと、「見える」レベルには出来ません。
「見える」ように紙に書き出そうとしてみて、書き出せないことに愕然とする人がいるんですよ。曖昧でふわふわした願いや想いではダメなんです。

私には妄想癖があるので、自分のビジョンだけでなく他の人の未来も勝手に妄想して詳細にビジュアライズしていくことができるんです(ちょっとした特殊能力なのかもー)。

そして、望んでいる未来がハッキリ見えるとそこへ至る道筋まで見えてくるんです。

ライフビジョンは逆算手帳を買わなくても作ることができますよ。
ぜひ一度、ちゃんと作ってみてくださいね。

*関連するページ:
「ビジョン」とは見えないものを見る能力
トップアスリートの「仕事術」:自分のビジョンを人に話すことで思考が整理され、仲間が増える
城を建てているのがわかった上でのレンガ積みなら、苦しくともやがて完成するというビジョンがあるので、やり遂げることは可能だ

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
画材屋さんへはあまり行ったことがないのですが、今日は水墨画のお道具や練習用の紙を探しに行ってみました。未知の世界に踏み込んだみたいでワクワクします。
お目当てのものは見つけられなかったけど、画材屋さん、いい雰囲気だったー♪

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2019年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート