逆算手帳 無料メール講座

中途半端にやったものは逆境がきたときにあきらめてしまう。でも本気でやったものはあきらめきれない

2019年06月28日(金曜日)

人間というのは中途半端にやったものは
逆境がきたときにあきらめてしまう。
でも本気でやったものはあきらめきれない。

近藤 太香巳

子供の頃は試験が嫌いでしたが、大人になって試験の利点もわかりました。

「逆境」は人生における試験。
本当にやりたいことかどうかが判明します。

大きな夢を実現させようとすると、逆境は一度や二度ではありません。ひとつ超えてほっと一息ついたと思ったらまた次という具合に、次々と壁にぶつかります。

そのたびに「私は本当にこれをやりたいのだろうか?」と問いかけます。本気じゃないことはすぐに挫けてしまうし、本気であればなんとか方法を考え出します。その連続。

粘り強くなるコツは、「うまくいかないことがあるのは当たり前」と考えること。
前へ進もうとしているからこそ抵抗は生まれるんですよね。

*関連するページ:
くすぶる人の強みは、なにごとも一直線にうまくはいかないということが分かっている点です。
今日は最悪に思えることでも、いずれそれは面白い話としてよみがえる可能性をもっている
火打ち石は摩擦がなければ発火しないように、逆境がなければ私たちの内なる炎も燃え上がらない

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日はブログ更新が遅くなってしまったー。
エアコンの「ドライ」のほうが使用電気量は少ないのかと思っていたけど、「冷房」のほうが節電になるケースがあるんですね。蒸し暑いこの時期、どっちを使うか迷ってしまう。

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2019年06月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート