逆算手帳 無料メール講座

余分なものを持たないということは、自分の生きる姿勢がきまらないことには実行できません

2019年07月27日(土曜日)

余分なものを持たないということは、
自分の生きる姿勢がきまらないことには実行できません。

暮し上手の家事ノート
(町田貞子 著/三笠書房) より

必要なことと、必要ではないこと。
重要なことと、重要ではないこと。

軽やかに生きていくにはこれを区別するための基準が必要です。
モノについても、するコトについても、つきあうヒトについても。

自分の人生において必要かどうかが判断できれば、余計なものを取り除いていくことができます。重要かどうかが判断できれば、重要なことをより大切にすることができます。

なんだかゴチャゴチャしてきて「片付けたい!」という欲求が湧き上がってきた時、私は手帳を開きます。

逆算手帳には私が望む未来が書かれているし、生きていくうえで大切にしたい価値観ベスト3も書いてあります。
「こんなことをやってみたい」「こんな人になりたい」「こういうことを大切にしたい」ということがハッキリと具体的に、言語化&ビジュアル化できています。

だから自分の人生に「必要かどうか」「重要かどうか」がすぐにわかります。生きる姿勢が定まっていると言ってもよさそう。

あなたが望む未来から逆算することで、余分なものを持たない生き方ができますよ。

*関連するページ:
ものがありすぎることは、心の負担になる。不要なものがなくなれば、人生の満足度が飛躍的に大きくなるのだ。
「増やすこと」を追い求める生き方をやめ「減らすこと」に取り組めば、人生が変わる。
ミニマリズムのいいところは ものが減ることではない。本当の利点は豊かさが増えることだ。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日は夜にジムへ行ってみました。昼間とはまた違った雰囲気で、夜のジムもなかなかいい感じ。ジムはビルの11階でガラス張りなので、東京の夜景を眺めながら走ることができて気持ちがいい。
でも、夜にジムへ行くと夜更しモードになってしまうから困るなぁ。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2019年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート