逆算手帳 無料メール講座

最初は夢から始まる。それから、2番目のステップで現実が動き出す

2019年08月17日(土曜日)

最初は夢から始まる。
それから、2番目のステップで現実が動き出すのです。

プロジェクトチームには、ドリーマー(夢見る人)とリアリスト(現実主義者)の両方が必要です。
夢想家は未来を見て、現実の障害を見ません。現実主義者は夢を見ず、現実のなかでやるべきことを見ています。
どちらも夢を実現するためには必要なのです。

『働くことを楽しもう。 ゴディバ ジャパン社長の成功術』
( ジェローム・シュシャン 著/徳間書店) より

夢を見ているだけでも、現実だけを見ているだけでも、面白いことは実現しません。

会社組織の中ではドリーマーとリアリストという役割分担ができまずが、自分の夢を実現しようとする時には、自分の中に夢想家と現実主義者を共存させてみましょう。

ビジョンを描くときは現実を無視して夢想家になりきります。
「こうだったらどんなにいいだろう」という理想だけを追求します。

ビジョンを描き終わったら、ここで配役をチェンジ。
夢想家から現実主義者に変わります。
どうすれば理想を実現できるのかを、現実的に考えていきます。
必要なことはなにか、どんな手順で進めていけばいいか。足りないものはどう調達するか。こういったことを洗い出し、計画を立てていきます。

ビジョン、プラン、そしてアクション。
この3ステックが逆算メソッドです。

最後のアクションではどっちの役を演じるかというと、実は両方を交互に登場させます。
現実的に物事を進めながらも、時々、ワクワクする未来を思い出して活力を得ていくためです。
足元ばかりを見ていると暗く落ち込むこともがありますが、視線を上げて遠くの希望の光を見つければまた一歩前へ進むことができるから。

自分の中に夢想家と現実主義者を共存させて、必要な場面ごとに役割を変えていきましょう。

*関連するページ:
今は現実となっているものも、かつては空想のものでしかなかったのだ。
稲盛和夫:最初に、今はとても不可能と思われるほどの高い目標を、未来のある時点で到達すると決めてしまう。
人間には将来へつづく道を見通せるだけの知恵が十分にあるし、自らの行動を変えるだけの能力もある

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日は食べ過ぎないように気をつけたものの、またうっかり、じゃがりこを食べてしまった。( ̄▽ ̄)
今日こそちゃんと節制しようと思っていて、今のところ大丈夫。
がしかし、この後でジムへ行くし、もの凄く暑いし、ビールを控えるのは難しいかもなぁー。

★ 自分磨きテーマ: 最初の一歩を踏み出そう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2019年08月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート