逆算手帳 無料メール講座

好きな仕事を見つけるための鍵は、探し続けること。いろいろなことに挑戦し、感情に素直に耳を傾ける

2019年08月18日(日曜日)

好きな仕事を見つけるための鍵は、探し続けることです。

いろいろなことに挑戦すると、
あなたは多くの喜びと不満を経験すると思います。
そのときにおこったあなたの感情に素直に耳を傾けると、
あなたの感情は、「あなたが好きなこと」をきっと教えてくれると思います。

『働くことを楽しもう。 ゴディバ ジャパン社長の成功術』
( ジェローム・シュシャン 著/徳間書店) より

私が「好きなことを仕事にする」までに辿ってきた道のりを考えると、結局のところ、2つのことを明確にすることでした。

ひとつは「好き」「楽しい」「嬉しい」と感じることはどんなことか。
もうひとつは「嫌い」「苦しい」「耐え難い」と感じることはどんなことか。

これらは頭の中で想像しているだけではわかりません。
実際にやってみないと、どんな感情が芽生えるかわからないのです。

だから「何が楽しいかわからない」と言う人には、「とにかくいろんなことをやってみたら?」とアドバイスしています。

私が「好き」「楽しい」「嬉しい」と感じることは、たとえばこんなこと。

・自分が工夫したことを人に伝えて喜ばれること
・「うまくいく仕組み」を考えること
・ひとつ狭いテーマを掘り下げること
・これまに無い新しいものを生み出すこと
・人の役に立てたと思えること

逆に「嫌い」「苦しい」「耐え難い」と感じることはこんなこと。

・意味のないことに時間やエネルギーを使うこと
・偉そうなことを言うだけの人につきあうこと
・良いと思ったアイデアを実現できないこと
・「骨折り損のくたびれ儲け」になること
・誰がやっても同じことを自分がやること

どれも抽象的なことなのですが、「楽しい」と感じたことの共通点、「嫌だ」と感じたことの共通点をまとめると上記のようになります。

具体的には逆算手帳のビジネスに行き着いたわけですが、100%好きなことだけという状況ではありません。

うっかりすると「偉そうなことを言うだけの人」や「言い訳ばかりで何もしない人」に巻き込まれることもあるし、未だに事務仕事から解放されたわけでもないので。

でも、逆算手帳は私が工夫してきたことを凝縮したものだし、「うまくいく仕組み」を実験してきた結果でもあるし、これまでにないコンセプトの商品をこの世に生み出せたわけだし、人の役にも立てています。だから遣り甲斐があります。

「好きなことを仕事にしたい」と思っているのであれば、自分の好き・嫌いを言語化して具体的に表現してみるといいですよ。

*関連するページ:
あなたは一番好きな仕事をやっているだろうか? もしやってなければ、今すぐ手を打つことだ!
忙しくて自分の好きなことをする時間が作れない、ということはない。それは優先順位づけの問題なのだから。
正解・不正解の時代ではなく、好き・嫌いの時代がきている

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日はジム帰りにビールを買ってしまいましたが、ジャンクなものは避けることができました!
今日も暑い。ジムの後で買物をするとビールに手が伸びると思うので、今日は先に買物をすませてしまう作戦を試してみます。

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2019年08月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート