逆算手帳 無料メール講座

微差が大差。微差が大差を生むのです。

2019年09月03日(火曜日)

この世はどういう道理でできているかと言うと、微差が大差。
微差が大差を生むのです。

オリンピックでも、金メダルと銀メダル、世界記録と、もうちょっとで世界記録というのとでは、世間の注目度からいったらエライ違いですよね。
だけど、能力的なことでいったら、〇・一秒とか、微差の世界です。

山だって、「富士山は日本一だ」ということは知っているけれど、二番目に高い山はどこですかって、ほとんど知らない。三番だと、もっと知らない。

微差なんですよ。微差なのに、知名度は大差なのです。

微差力』 (斎藤一人 著/サンマーク出版) より

7年半ぐらい前に読んだきり、『微差力』のことをすっかり忘れていました。(読んだこと自体を忘ていた!)

でも、昨日ふと「微差が大差」という言葉が頭に浮かんできました。なぜかというと、ちょっとしたことを「面倒だなぁ」と思ってしまったから。

爪を良い状態に保つためにネイル専用の美容液を使うように勧められました。まつげエクステのサロンでは「ぜんぜん違うから、まつげ美容液は使ったほうがいい!」と強く勧められたので、毎日ではないけど使っています。
さらにネイルの美容液まで使うなんて、かなり面倒。

顔全体に使う美容液も当然使っています。
(これも本当は朝と夜使ったほうがいいんだけど、気まぐれに使っているだけ)

「綺麗になるって、なんて大変なんだろう・・・」

ややうんざりした次の瞬間、「微差が大差」という言葉が浮かんできたんです。

生まれつき美人は違うかもしれませんが、美しい人はこういう小まめなお手入れをちゃんとしている人なのではないか?
もしかしたら、こういう小さなことをちゃんとやれば、全体として綺麗になっていくのかも?

ちょっとしたことの積み重ねが結果としては大きな違いを生むのですから。

美容のことだけでなく、仕事についてもハッとさせられました。
仕事で「ちょっとしたこと」の手抜きをしていないだろうか? 忙しいからという言い訳のもと、小さなことを疎かにしていることにも気づきました。

「微差が大差」という言葉。
今年、手帳にサインを書かせていただく時に書く言葉にしようと思います。

★☆ ◆9/23◆逆算フェスタ2020 in 東京・北海道・静岡 開催! ☆★

*関連するページ:
ドラッカー:すべての偉大な成功は、地味で面倒な事の積み重ねの上に成り立っている。
楽しいことには面倒くさいことが必ずついてくる。面倒くさいことが平気なことが、本当に好きなことだ。
すべてにおいて心地よさばかり追求していると、その人の心も体もゆるんで鈍くなってしまう

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
初ジェルネイルしてきましたよー♪
すごいツヤツヤで美しい! O(≧▽≦)O
ちょっとぷっくらしていることにまだ慣れないけど、きっと見慣れれば可愛いんだろうなぁ。
昨晩からネイルの美容液も使い始めました。続けられるか怪しいけれど、爪を丈夫にしていくために夜のお手入れ、がんばってみようと思います。

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2019年09月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート