逆算手帳 無料メール講座

不遇なとき、不本意なとき、不安なときこそ、未来を信じて、気持ちをぐらつかせないことだ。そのとき得たものが自分の人生の核になる

2020年03月18日(水曜日)

不遇なとき、不本意なとき、不安なときこそ、未来を信じて、気持ちをぐらつかせないことだ。
そのとき得たものが自分の人生の核になる。

秋庭 道博

うまくいかないことが続き、自分ではコントロールできない要素で不安になってきますが、「気持ちをぐらつかせないこと」が大切だと自分を励ますことができました。

20年ぐらい前が私にとって不遇な時でしたが、その時にもがいて試行錯誤した結果が逆算手帳になったのだから面白い。
最悪に思えた経験がなかったら、今はなかったのですね。

全てがスムーズにうまくいくと苦労はしないけれど、工夫をしなくなります。工夫をしなければ新しいモノもコトも生まれない。
うまくいかないのは「新しい工夫をしなさい」というメッセージなのでしょう。

今は新しい商品やサービスを生み出すタイミングに思えます。

*関連するページ:
夢を実現する可能性こそが、人生を面白くさせる。
君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある。
サクセスダイアリーから未来への希望をくみとろう

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
いいお天気。桜の蕾が膨らみそうですねー。
今月は良いペースで走れていたのに、今週はまだジムへ行けず。しかも昨日はうっかり(?)ポテチを食べてしまった。今さら後悔しても遅いので、なんとか挽回しなくちゃー。

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2020年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート