逆算手帳 無料メール講座

読む価値のある本というのはたいてい読み直す価値もある

2020年07月28日(火曜日)

読む価値のある本というのは
たいてい読み直す価値もある。

ジョン・モーリー

時間が経ってから読み返してみると新たな学びがある。それが良書。

読書のコツは賢明な飛ばし読みにある

P.G.ハマトン (英国のエッセイスト)


ていねいに一度読むより、早く二度読むほうがよくわかるというのは読書法の常識で、イギリスの大学には、この訓練をするクラスまである。

心にのこる言葉』 (小野寺 健 著/筑摩書房) より

良書をはじめて読むときには新しい友を得たようである
前に精読した書物を読みなおす時には旧友に会うのと似ている

オリヴァー・ゴールドスミス (英国の詩人)

自分をよい方向に変化させるためには、人生を成り行き任せにしないこと、そして、よい本を読むことだ。

ただし、本によって何らかの知識が得られた程度では、「自分が変わった」とはいわない。
本によって自分の中の言語の体系や概念の体系が変わり、世の中の見方や自分自身の見方が変わってくる 。
そうなって初めて「自分が変わった」といえる。

「自分を変える」読書 もっと面白く生きる知恵を身につけよう
(戸田 智弘 著/三笠書房) より

*関連するページ:
書くというアウトプットこそ、最良のインプットでもある。結局、自分の言葉で表現できたもののみが、自分の血や肉となっている
読んでいない本がどれだけ家の中にあるか。それが、その人が今後どれだけ知性を広げていくことができるのか、その可能性をはかる尺度になるのです。
読書して考えないのは食事をして消化しないのと同じ | 定期的に読み返す本のリスト

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ: 読書術
★ アーカイブ: 2020年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート