逆算手帳 無料メール講座

困難の少し先には、ご褒美として、幸せが落ちているものです

2020年07月29日(水曜日)

困難の少し先には、
ご褒美として、幸せが落ちているものです。

秋元 康

少し先に幸せが待っていると思ってみる。
それだけで気持ちが明るくなってくる。

こころがくもった日には、「こうだといいな」をイメージする

未来の自分に手紙を書く。
それは、今の混沌とした自分を客観的に見る作業につながる。
今は悩みや将来への不安があって長いトンネルの中にいるけれど、トンネルを抜け出した自分はきっと、こんなふうに生きている。
「未来の自分像」を具体化することで「思いが整理」されてくるはずだ。

ちょっと迷いが生じてきたときは、「未来の自分」に手紙を書く時間をとってみよう。
こころにフワーッと自信がわいてくるはずだ。

読むだけで心がスーッと軽くなる44の方法
(諸富 祥彦 著/三笠書房) より

1年2年じゃ花も咲かなきゃ芽も出ない。
でも10年待てば必ず実がつく。

宇都宮 健児 (弁護士)

*関連するページ:
渋沢栄一:好きになればその道に向かって進む。心から楽しむことが出来れば、いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ
稲盛 和夫:現在の能力でできる、できないを判断してしまっては、新しいことや困難なことはいつまでたってもやりとげられません。
10年単位でものを考えるノート:自分なりのゴールや目標を持っていれば、困難があった時も迷わずに進める

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2020年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート