◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

<コツコツのコツ> 025. 「やめる」から、わかることもある

名言コツコツ > コツコツのコツ

2013年12月02日(月曜日)

コツコツ継続するコツをお伝えするメルマガですが、今日は
「やめる」ことの提案です!

なにを「やめる」かというと、

 1.ある程度続けてきた
 2.けど、成果がでていない(実感できない)

この2つの条件にあうことです。

続けていたことを一旦やめてみることで、効果を確認する方法が
あります。
少しでも変化が実感できれば続けるモチベーションになりますが、
なかには効果がわかりづらいものもありますよね。

  「このまま続けて、意味あるかなぁ~?」

と気になっているようであれば、思い切ってやめてみたほうが
気持ちもスッキリします。


例えば、「週次レビュー」。
7~8年前ぐらいから始めた習慣が、「週次レビュー」です。
毎週土曜日に一週間を振り返り、次の一週間の計画を立てる
ことにしています。

でも、週末が忙しくなった時期があってこの習慣が途絶えました。
すると仕事や生活のリズムが乱れ始め、ストレスも増える結果に。
やめたからこそ、週次レビューが私には欠かせないものだと実感
できました。

やめたことで、「必要がない」と判断できた習慣もあります。
今年の9月から「爪もみ」を試し始めました。
http://meigen.ko2ko2.net/2013/09/2086.html

手軽に出来るし、最初は効果がありそうな気がしたので続けて
いたのですが、途中から効果がわからなくなりました。
そこで、一旦やめることに。
もし何かしら良い効果があるのであれば、やめたら体調が悪く
なるなど、変化があるはず。

結果はどうだったかというと、良くも悪くもならず。
爪もみ自体の効果を疑っているわけではなく、今の私には
必要がないと判断しました。

「良い」と思える(世間で「良い」と言われている)ことでも、
自分にとって「良い」かどうかは、実験してみないとわかりません。


「やめる」ことで効果の有無を確認するには、「ある程度続けてきた」
という条件を満たしている必要があります。

ちょっと試しただけで、すぐに「やっぱり、やーめた」ではダメです。

No.013(2013/09/09号)で、
「ここまでは粘るぞ!」と最初に決めておく、というコツコツのコツを
ご紹介しましたね。

自分で決めた目安の期間まで続けたうえで、それでも効果が実感
できない場合の選択肢として、

 1.やることを変える
 2.やり方を変える
 3.やる量を変える
 4.やめてみる

があります。
今日ご紹介したものは、これらの選択肢のうちのひとつです。

  効果が実感できない ⇒ やめればいい

こういう安直な考え方ではありません。
継続すべきかどうかを判断する手段としての「やめる」提案です。

「やめる」ことで効果が実感できれば、その後の継続の決意が
強くなりますよ!

  ◇────────────────────◇
        ◆ コツコツのコツ ◆

   「やめる」ことも選択肢のひとつ。
   「やめる」ことで、必要性を実感し、
   継続のモチベーションが上がることもある
  ◇────────────────────◇

無料メールマガジン <コツコツのコツ> 配信中

これまでの体験で私が学んだ「コツコツと続けるコツ」を、メールマガジンでお届けしています。
毎週月曜日の朝4時配信です。月曜の朝一番に <コツコツのコツ>を読んで、気持ちよく一週間をスタートしてくださいね♪

メルマガサンプルはこちら   登録はこちらのフォームから

※ 携帯アドレスだと届かないことがあるので、PCアドレスがオススメです。
※ PCアドレスでも届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれません。ご確認くださいね。


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート