◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

<コツコツのコツ> 028. 「いつでも、どこでも出来る」の落とし穴

名言コツコツ > コツコツのコツ

2013年12月23日(月曜日)

「いつでも、どこでも出来る」と言われると、いかにも手軽。
これなら自分でも続けられそうと思えます。

  「いつでも、どこでも英語の勉強ができる」
  「いつでも、どこでも筋トレができる」

これで、数々の失敗を繰り返してきました。(>_<);;

『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』(高橋書店)もダメ
だったし、『DVDつき へやトレ─ ジム以上の効果を約束する
1日5分~の自宅筋トレ』(主婦の友社)もダメでした。
他にも英語の勉強など、失敗は山ほどあります。

めんどくさがり&根性なしなので、ラクに出来そうなことには
すぐに飛びついてしまいます。
短時間で出来て、しかも場所や時間を選ばない。
これなら出来るはずなのに、なぜか続かないものがあります。

これまでの失敗を検証してようやく気づいたことは、

  「いつでも、どこでも」がうまくいうのは、
  好きなこと(やりたいこと)だけ
  嫌いなこと(やりたくないこと)の場合は逆効果だ

ということ。

例えば、Facebook などの SNS に時間がとられるのが悩みだと
いう人は多くいます。
楽しいこと(友達とのコミュニケーション)がいつでも、どこでも
手軽にできるから、ちょっとでも時間があればすぐにスマホに
触ってしまいますよね。この誘惑にあらがうのは難しい。

一方、勉強嫌いの人が「いつでも、どこでも、短時間で英語の
勉強ができる」としたらどうでしょう?
本当は英語の勉強なんてやりたくないけど、勉強しなくちゃ
いけないという状況の場合。
ちょっとしたスキマ時間があったら英語の勉強をしますか?

意志力が強い人なら YES かもしれないけど、私のような意志の
弱い人間は NO です。

なぜなら「いつでも、どこでも」出来るということは、
「いま、ここで」やる必要がないということになるからです。

いつでも、どこでも出来るんだから、あとで(気が向いたら)
やればいいという言い訳が成立してしまうんです。

これに気づくまでに、かなり散財してしまいました。
(腹筋ローラー、ダンベル、上記の本などなど)

運動が大っ嫌いな私にとって、「いつでも、どこでも出来る運動」は
逆効果なんです。

「いま、ここでやらなくちゃいけない」という状況に自分を追い込む
ことで、ようやく大嫌いな運動を習慣化できています。

反対に、大好きな読書が手軽にできるのはすごく嬉しいことです。
iPhone の Kindle アプリでいつでも、どこでも手軽に読書ができるよう
になったおかげで、ちょっとでも暇があると本を読みたくなります。

「いつでも、どこでも出来る」にはこういう落とし穴があるってことを、
できれば失敗しないうちに、知っておいてくださいね。

  ◇────────────────────◇
        ◆ コツコツのコツ ◆

  「いつでも、どこでも」がうまくいうのは、
  好きなこと(やりたいこと)だけ
  嫌いなこと(やりたくないこと)の場合は逆効果だ
  ◇────────────────────◇

無料メールマガジン <コツコツのコツ> 配信中

これまでの体験で私が学んだ「コツコツと続けるコツ」を、メールマガジンでお届けしています。
毎週月曜日の朝4時配信です。月曜の朝一番に <コツコツのコツ>を読んで、気持ちよく一週間をスタートしてくださいね♪

メルマガサンプルはこちら   登録はこちらのフォームから

※ 携帯アドレスだと届かないことがあるので、PCアドレスがオススメです。
※ PCアドレスでも届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれません。ご確認くださいね。


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート