◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

<コツコツのコツ> 076. 習慣化のツール:アナログ vs デジタル

名言コツコツ > コツコツのコツ

2014年11月24日(月曜日)

夢を実現するためにコツコツ続けている習慣があります。
夢とは関係ないけど、日々楽しく暮らしていくために
意識して続けている習慣もあります。

こういう良い習慣を定着させるためのサポートツールは
アナログ と デジタル、どっちがいいでしょう?

私は、どちらも活用しています。
デジタルだけ、アナログだけ、というのは無理があると
思うので、それぞれのいいとこ取りをしています。

iPhone を使い始める前は、すべてアナログ=紙の手帳で
習慣化をしていました。
有名な「ベンジャミン・フランクリンの13の徳目」を真似
して、定着させたい習慣の記録をつけていました。

* ベンジャミン・フランクリンの13の徳目とは?
http://www.franklinplanner.co.jp/beginner/roots.html

iPhone を使い始めると、いちいち手帳に記入しなくても
もっと簡単に記録をつけられるとわかりました。
そして、すべてデジタルに切り替えようとしたのです。

ほとんどのものはデジタルで上手くいきました。
紙の手帳ではスペースに制限がありますが、デジタルなら
制限がないため、トライしたい習慣を次々と試すことが
できるようになったのもメリットです。
今ではiPhone無しに生活することが考えられないぐらい。

それでも、手書きで続けていることがあります。

例えば体重・体脂肪率・骨格筋率という身体のデータ管理。
体組成計からクラウドにデータをアップロードしているし、
iPhoneアプリにも手入力しています。
それでも、毎日手書きでこれらのデータを書いています。

面倒だし、ちょっと時間もかかります。
なぜ手書きしているかというと、考える時間をつくるためです。

前日と比較してなぜ増えたか(あるいは減ったのか)、
食事内容をどう改善するか、運動量はどうか等をあわせて
振り返ることで、その日の過ごし方を考えるのです。

他にも、マラソンのトレーニング記録は専用手帳に手書き
しています。
運動の習慣化だけでなく、目標を達成するための作戦を
考えるためです。

手書きのほうが、脳の前頭前野という思考や創造性を担う
部分が活性化することが実験でわかっているそうですよ。

デジタルのほうがラクに多くのことを管理できます。
いつでもどこでも手軽に記録できます。
アラート機能を使えば記録漏れも防げます。
データの加工(グラフ化等)もお手の物。

一方、アナログは少し面倒くさいところはありますが、
脳の活性化という意味では活用しない手はありません。

私たちは幸運にもアナログ/デジタル両方の選択肢があります。
片方だけにこだわらず、両方のメリットを享受したいですね。

無料メールマガジン <コツコツのコツ> 配信中

これまでの体験で私が学んだ「コツコツと続けるコツ」を、メールマガジンでお届けしています。
毎週月曜日の朝4時配信です。月曜の朝一番に <コツコツのコツ>を読んで、気持ちよく一週間をスタートしてくださいね♪

メルマガサンプルはこちら   登録はこちらのフォームから

※ 携帯アドレスだと届かないことがあるので、PCアドレスがオススメです。
※ PCアドレスでも届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれません。ご確認くださいね。


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート